若手女優.comからのおしらせ

 
 ブログ開設から今年で10年目!
 WWWE~私達の話題の若手女優エンターテイメントへようこそ!

 ブレイクしそうな若手女優、モデル、グラビアアイドルなどを 
 どこよりもいち早く紹介しているブログです。

 実際このブログで紹介した何年後かに そのタレントがブレイクすると
 関連ページのアクセス数が急増する事はよくあります。

 気になる女性芸能人を探したい方たちにも 
 ぜひこのブログを参考にしていただけたらこれ幸いです。



 WWWEの見方・・・今をときめく若手女優たちをswitchbradeとLAWの2つの
 ブランドに分けて紹介しています。その他にグラビアアイドルヒートと題して
 まだ有名でない女優やアイドルなどを紹介している枠もあります。

 月に1度PPVと称して、対戦形式で紹介するコーナーも設けています。
 今どの若手女優注目されているのか、実力があるのかといった
 バロメーターにもなると思いますので興味のある方は是非ご覧ください。
 アクセスカウンターは2009年4月から開始!
 

 若手女優世界王座・・・現在のチャンピオンは戸田恵梨香

 WWWE王座・・・現在のチャンピオンは本田翼


 PPV・・・月に1度のペースで若手女優の人気、実力のバロメーターを
 試合の対戦方式で紹介。独自のストーリーで若手女優の注目度をチェック!


  【リンクに関して】

 各ストーリーページで紹介されている人物名をクリックすると
 その人物のプロフィールページへ移動します。
 そのプロフィールページの人物名か画像をクリックすると
 amazonのページへ移動するようになっています。


 例:佐々木希のプロフィールページなら佐々木希の画像か
 人物名箇所をクリックするとamazonへ移動




  【免責事項】

 ここで紹介しているサイトや画像等の 
 ご利用・閲覧は自己責任でお願い致します。
 当サイトは画像等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが
 著作権肖像権は本人及び所属事務所にあります。

 ストーリー上の流れで使ってしまうギミックもあるかもしれませんが
 アングルを面白く展開する上での話なのでご了承ください。

 紹介している全ての女優、タレントたちに対しては尊敬の意を表しています。
 才能を秘めている才女たちはまだまだ隠れています。
 その人たちの活動の場を少しでも助けるべく
 紹介という形で役立てたら嬉しい限りです。


FC2 Management

LAW所属 若手女優

▼LAW

・・・LOVE AND WARNING「愛と戦争」の略で架空団体WWWE
(私達の話題の若手女優エンターテイメント)が紹介しているブランドの1つ。
日本を代表する若手女優たちが今日活躍できるのはスタッフとして
ファン含め大勢の「愛」があるからこそ、そして若手女優であると同時に
それはライバルたちとの争いである、という意味で命名された。

内面に何かに対し闘志を燃やしながら活躍している若手女優たちが
所属しているのが特徴(あくまでもイメージとして)。

王座を獲得する条件はその時の活動状況、作品の評価、
SNSでの関連コミュニティ参加数などを総評価して決定されるので
今どの若手女優が人気があるのか、実力があるのかがわかる。


▼現在の所属スターズ

戸田恵梨香 (現若手女優王者)
橋本奈々未 (現WWWEタッグ王者)

番組GMは2013年8月下旬から長澤まさみ



秋元才加
飛鳥凛
新垣結衣

石橋杏奈
板野友美
入山杏奈 (AKB48)
岩田さゆり
大島優子 (AKB48)
大政絢
岡本杏理

川島海荷
北乃きい
北原里英(AKB48)
草刈麻有
忽那汐里
剛力彩芽
小嶋陽菜(AKB48)


桜庭ななみ
島崎遥香 (AKB48)


高橋みなみ(AKB48)
武井咲
竹富聖花

夏菜
仲里依紗
能年玲奈

橋本愛
久松郁実
平嶋夏海
福田沙紀

松井愛莉
松井珠理奈(SKE48)
松井玲奈 (SKE48)
三根梓
美山加恋

南沢奈央
森田涼花

山本彩  (NMB48)
横山由依 (AKB48)

渡辺美優紀(NMB48)


SWITCHBLADE所属の若手女優

▼SWITCHBLADE

・・・直訳すると「飛び出しナイフ」で架空団体
WWWE(私達の話題の若手女優エンターテイメント)が紹介している
ブランドの1つ。勢いがあり、今すぐ第一線で活躍しそうな実力を兼ね備えて
将来性のある若手女優たちが所属しているのが特徴。

王座を獲得する条件はLAW同様、その時の活動状況、作品の評価、
SNSでの関連コミュニティ参加数などを総評価して決定されるので今どの若手女優が
人気があるのか、実力があるのかがわかる。


▼現在の所属スターズ

本田翼  (現WWWE王者)
白石麻衣 (現WWWEタッグ王者)
渡辺麻友 (現IC王者)

番組GMは綾瀬はるか

荒井萌
有村架純
大後寿々花
岡本あずさ
岡本玲
小野恵令奈

柏木由紀 (AKB48)
夏帆
川栄李奈 (AKB48)
川口春奈
桐谷美玲
黒木メイサ
小池里奈
小林涼子

志田未来
城恵理子 (NMB48)
新川優愛

高城亜樹 (AKB48)
高田里穂
高月彩良
瀧本美織
多部未華子
谷村美月


成海璃子
西内まりや
西野七瀬 (乃木坂46)


早見あかり
日南響子
平田薫
広瀬アリス
福田麻由子
堀北真希


前田敦子
松岡茉優
真野恵里菜
水沢エレナ
南明奈
峯岸みなみ (AKB48)
宮澤佐江  (AKB48)

吉田朱里 (NMB48)
吉高由里子



剛力彩芽 × 山本彩

SWITCHBLADE2014 #24




剛力彩芽山本彩の対戦。


ゴング前に剛力がペットボトルの水をぶちまけ、怒った山本がフロントハイキック。
だが剛力がかわして場外へ逃走し、山本をおちょくる。

さらに剛力は、場外からリング内の山本を挑発し、追いかけて来た直後に
入れ替わりでリングへ飛び込む。だが、次に同じことを試みた際、
山本がフェイントをかけて剛力を捕獲。

リング内へ逃げようとする剛力を場外へ引きずり出すと、
セコンドの忽那汐里がイス攻撃。


5分経過。リングへ戻ると山本がランニングローキック、腕ひしぎ逆十字固めで追撃。
さらに、金具がむき出しになったコーナーへ剛力を叩きつける。


それでも剛力は山本の突進をかわし、地団駄を踏みながら「いくぞ~」と
アピールを開始。だが、場内は一斉ブーイング。

金具との衝突を免れた山本が、背後からトーキックで妨害。
すると剛力は、山本を金具へスローイングし、
再び「アーッ!!」と奇声を上げアピール。
しかし、やはり衝突を回避した山本が妨害。

それでも剛力は、髪を掴んで山本を引き倒す。10分経過。

山本を突き飛ばしてコーナーの金具へぶつけ、スクールボーイで丸め込む。
続いて山本はロープへ走るが、鈴木がスリーパーホールドで捕獲。
山本が締め上げる体勢に入るも、
剛力がレフェリーを掴んで抵抗。

怒った山本がレフェリーに近づくと、剛力は背後から攻撃を狙う。
ところが山本がそれを察知し、トーキックで蹴散らす。


さらに山本は、剛力の丸め込み技を腕ひしぎ逆十字固めに切り返す。
これを剛力が辛うじてロープエスケープすると、
山本は左右の張り手連射からスリーパーホールド。


15分経過。剛力がレフェリーを引っ張り込んで山本に激突させ脱出に成功。

すると山本は、ドロップキックで剛力を黙らせ攻撃を回避。
そして、反対に剛力の後頭部を殴ると、下から両脚を絡め、
ヨーロッパ式エビ固めで3カウントを奪取した。


シトルリンXLプレミアムでショートカットの似合うアイドルと




多部未華子 × 新垣結衣

LAW2014 #24




多部未華子新垣結衣の対戦。


エルボー合戦から多部がフロントハイキック、串刺しフロントハイキックで先制。
しかしガッキーが足を取り、アンクルホールドを仕掛ける。


これを多部が脱出して場外戦となり、ガッキーがボディスラムで叩きつける。
それでも多部は逆襲に転じるが、ガッキーがカウンターニールキック。

ガッキーの攻撃は続き、変型ダブルアームスープレックス。
すると多部がスクールボーイ、首固めで揺さぶりをかけ、ブレーンバスターを狙う。
だがガッキーが背後へ着地し、ネックブリーカーで逆転。


5分経過。ガッキーはスリーパーホールドで追い討ちするが、
次の串刺し攻撃を多部が回避し、フィッシャーマンバスター、ラリアットで逆襲。
さらに、フラップジャックでガッキーの首をトップロープへ打ちつける。


ここで多部は裏拳を仕掛けるが、かわされ
ガッキーはバックスープレックスで切り返す。


しかし多部は、次のバックスピンキックをかわし、
インカレスラムで叩きつける。


続いて多部は再び裏拳を狙うが、
ガッキーがかわし、ファイブ・ナックル・シャッフルで逆襲。


直後にデスバレードライバーをさく裂させ、完勝を収めた。


シトルリンXLプレミアムで毎日かわいいあの子と




吉高由里子 × 南沢奈央

SWITCHBLADE2014 #23




吉高由里子南沢奈央の対戦。


序盤、南沢が吉高を場外へ追いやり、ラフプレーで先制。
そして、リングへ戻っても髪の毛を掴むなどの反則技を繰り出し、
強力なスリーパーホールドで絞め上げる。

苦しくなった吉高は、ブレーンバスターを逃れて突破口を開き、
全身をのけぞらせて南沢の突進をかわす。これで南沢が場外へ転落すると
吉高はエプロンで助走をつけ、ジャンピングニーアタックをお見舞い。

5分経過。リングへ戻り吉高がバイブレーション式踏みつけ攻撃で追い討ち。
さらに南沢をコーナー最上段へ固定すると、
ランニングニーアタックを3連発でボディへ見舞う。

しかし南沢はパワースラムで逆襲。そこからワンハンドバックブリーカー、
ダブルアームスープレックスと畳み掛ける。

しかし吉高がジャンピングカラテキックで巻き返し、
バッククラッカー、リバースパワースラムに繋げる。

10分経過。吉高はコーナーにのぼるが、南沢が起き上がり、
雪崩式ブレーンバスターで逆襲。さらにシャープシューターで動きを止める。

ここで南沢はランディングボディープレスを狙うが、
吉高がバックスープレックスに切り返す。

しかし南沢がラリアットで吉高を吹き飛ばし、
タイガースープレックスホールドでフォール。

これを吉高が返すと南沢は再びランディングボディープレスの体勢に入る。
しかし吉高が頭部にパンチを見舞って脱出し、
飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで逆転。

これを南沢が逃げると、吉高がすぐに立ち上がって延髄切りをお見舞い。
さらに相手を横向きに担ぎ上げて前方に落とし、
顳かみを蹴り上げるG2Sで畳み掛け、3カウントを奪取した。


シトルリンXLプレミアムで息子をどんどん成長させよう







桐谷美玲 × 川島海荷

LAW2014 #23




桐谷美玲川島海荷の対戦。


激しいエルボー合戦から、桐谷がアームホイップ、ドロップキック。
その後桐谷が川島の頭を叩いて挑発。

怒った川島が、逆水平チョップ連射、ヘッドバット連射で攻め込む。
すると桐谷もチョップでやり返すが、川島が重い逆水平チョップで押し戻す。
そしてブレーンバスターで叩きつけると、桐谷のドロップキックを受け止める。

しかし桐谷は、アームホイップ、低空ドロップキック、
ランニングサンセットフリップと得意技を連発。

さらに、セカンドロープを利用したネックブリーカーで追い討ちをかける。

5分経過。川島はドロップキックを狙う桐谷の動きを読み、
スライディングラリアットで逆襲。雪崩式ブレーンバスターで叩きつける。

それでも桐谷は串刺し攻撃に来た川島を迎撃し、ロープを利用したスイングDDT。
さらに川島を踏み台にしてエプロンへ飛び出し、
トップロープ越えの串刺し低空ドロップキックをお見舞い。

続いて桐谷は、雪崩式フランケンシュタイナーで追撃するが、
川島がバックドロップで逆襲。そこからエルボー合戦になり、
川島が左右のエルボーを連打。そして、ラストライドで叩きつける。

10分経過。川島はラリアットを放つも、桐谷がブロックし裏投げで逆転。
さらに、変型バックブリーカーから後頭部に低空ドロップキックを浴びせ、
高角度ジャーマンスープレックスホールドで3カウントを迫る。

さらに桐谷はドラゴンスープレックスを仕掛け、抵抗した川島に延髄斬り。
そして、ジャンピングエルボーアタックを繰り出すが、
川島が回避してジャーマンスープレックス。

これは桐谷がバク転で着地したものの、間髪入れずに川島がラリアット。

エルボー合戦を挟み桐谷が張り手。そして、浴びせ蹴りを発射するが、
川島がかわしてラリアットをお見舞い。

さらに川島はブレーンバスターの体勢に入るが、桐谷が回避し今度こそ浴びせ蹴り。
だが川島が延髄斬りで逆襲。
ところが桐谷が垂直落下式ブレーンバスターで逆転に成功。

そして、ドラゴンスープレックスホールドで追撃すると、
最後はスターダストプレスで勝利を収めた。


シトルリンXLプレミアムでクールなモテ下半身を





北乃きい × 小嶋陽菜


SWITCHBLADE2014 #22




北乃きいとAKB48の小嶋陽菜の対戦。

久々に王座挑戦に関わるチャンスとあって、序盤から北乃が越中張りに張り切る。


ゴングを待たずにラリアットが相打ちになり、そこから激しいエルボー合戦が勃発。
これを制した北乃が場外戦に持ち込む。ところがこじはるが逆襲に転じ、北乃を鉄柵へ叩きつける。


リングへ戻ったこじはるは、踏みつけ攻撃、ボディスラム、エルボードロップなどで
北乃をいいようにいたぶる。しかし北乃は、こじはるのパンチをブロックして反対にパンチを連射。
そして、串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射、ラリアットに繋げる。


5分経過。こじはるがカウンターバックフリップで巻き返し、ジャンピングボディプレスで追い討ち。
しかし次の串刺し攻撃を北乃がかわし、ロープ際のラリアットでこじはるを場外へ転落させる。


激しい場外乱闘後、先にリングへ戻ったこじはるが、チェーンを持ち出す。
しかし、それを北乃が奪い返し、チェーンラリアットで逆襲。

さらに北乃は、串刺しラリアットを連発し、コーナー最上段からキタノコングニードロップを敢行。
ところがこじはるがかわして自爆を誘い、ライデン・ドロップからフォール。


これを北乃が返すと、助走式ラリアットでとどめを刺した。


シトルリンXLプレミアムでナイスバディな子をメロメロに



橋本奈々未 × 大島優子

LAW2014 #22




乃木坂46の橋本奈々未とAKB48の大島優子の対戦。

公式ライバル同士の対戦とあって、場内が盛り上がる。

まずは、橋本がタッグベルトを肩に掛け入場。
その後、コリスの入場テーマが鳴り、登場。


すると、コリスが橋本の背後へ忍び寄り、イス攻撃で奇襲。
すぐさま場外戦で試合が始まり、コリスが橋本を鉄柵へ固定し、串刺しドロップキック。
ところが、橋本が逆襲に転じ、コリスの動きをストップさせる。



リングへ戻り、橋本がサイドバスター、ココナッツクラッシュなどで追撃。
しかしコリスは、カウンタードロップキックで巻き返し、
逆水平チョップ、串刺し逆水平チョップで追い討ち。

ところが、橋本がカウンターフロントハイキックで逆襲し、リフトアップスラム。
そこからコーナー最上段へのぼるが、コリスが背後から襲撃。



5分経過。橋本をコーナーで逆さづりにすると、串刺し低空ドロップキックを見舞う。
コリスの攻撃は続き、後頭部へダイビングフットスタンプを投下。

そしてヒップアタックを狙うも、橋本がかわし、ネックハンギングで持ち上げる。
これをコリスが脱出すると、橋本はビックブート。

続いて橋本は、串刺しジャンピングバックエルボーなどで追撃するも、
串刺し攻撃をかわしたコリスが、トップロープ越えのフットスタンプで逆襲。

それでもコリスはコーナー最上段からダイビング技を狙うが、
橋本がチョークで受け止める。


10分経過。橋本は雪崩式ブレーンバスターの体勢に入るが、コリスが脱出しバックキック。
それでも橋本は、技を切り替えてハイアングルチョークスラムでコリスを叩きつける。

そして、再びコーナー最上段へのぼり、ムーンサルトプレスを敢行。
ところがコリスが回避し、ダイビングフットスタンプで逆転。

最後はジャンピングヒップアタックで勝負を決め
「(私に勝つなんて)10年早いんだよ!顔じゃないって」と叫んで引き上げた。


シトルリンXLプレミアムでかわいい人としか寝ない





瀧本美織 × 島崎遥香

SWITCHBLADE2014 #21




AKB48の島崎遥香瀧本美織の対戦。


ロックアップで試合が始まり、そこから島崎が瀧本を突き飛ばす。


さらに島崎は、瀧本を吹き飛ばしてコーナーに激突させ、ショルダータックルでなぎ倒す。
だが、瀧本がロープをずらして島崎を場外に落とし、プランチャで追撃。


さらに瀧本は、ローキック、ストンピング連射、ロープを利用した膝折り攻撃で追い討ち。
ところが、島崎が逆襲に転じ、ラリアットで瀧本を場外へ追いやる。


5分経過。場外戦となり、島崎が鉄柵攻撃、イス攻撃。そして、リングへ戻ると、
顔面攻撃、ブレーンバスター、エルボードロップ3連発などでいたぶり続ける。


すると瀧本は、追走式ラリアットで逆襲。それでも島崎が倒れずにいると、
2回目の追走式ラリアットでなぎ倒す。

そして、串刺しニールキック、顔面へのヘッドバット、ローリングラリアットで追撃。
続いて瀧本はスープレックスを仕掛けるが、島崎が踏ん張り、変型ネックハンギングバスターで逆襲。


さらに、串刺しバックボディアタック、ラリアットで追い討ちをかけ、ジャンピングボディプレスを繰り出す。
これを瀧本が回避し、駆け込んできたところをフランケンシュタイナーでカウントを奪った。



シトルリンXLプレミアムでショートカット美人と