スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SWITCHBLADE所属の若手女優

▼SWITCHBLADE

・・・直訳すると「飛び出しナイフ」で架空団体
WWWE(私達の話題の若手女優エンターテイメント)が紹介している
ブランドの1つ。勢いがあり、今すぐ第一線で活躍しそうな実力を兼ね備えて
将来性のある若手女優たちが所属しているのが特徴。

王座を獲得する条件はLAW同様、その時の活動状況、作品の評価、
SNSでの関連コミュニティ参加数などを総評価して決定されるので今どの若手女優が
人気があるのか、実力があるのかがわかる。


▼現在の所属スターズ

川口春奈  (現WWWE王者)


荒井萌
有村架純
生田絵梨花(乃木坂46)
大後寿々花
岡本あずさ
岡本玲

柏木由紀 (AKB48)
夏帆
川栄李奈 (AKB48)
桐谷美玲
小池里奈

白石麻衣(乃木坂46)
志田未来
城恵理子 (NMB48)
新川優愛

高城亜樹 (AKB48)
高田里穂
高月彩良
瀧本美織
谷村美月


成海璃子
西内まりや
西野七瀬 (乃木坂46)


早見あかり
日南響子
平田薫
広瀬すず
福田麻由子


前田敦子
松岡茉優
真野恵里菜
水沢エレナ
峯岸みなみ (AKB48)
宮澤佐江  (AKB48)
宮脇咲良  (HKT48)

吉田朱里 (NMB48)

渡辺麻友 (AKB48)




スポンサーサイト

剛力彩芽 × 山本彩

SWITCHBLADE2014 #24




剛力彩芽山本彩の対戦。


ゴング前に剛力がペットボトルの水をぶちまけ、怒った山本がフロントハイキック。
だが剛力がかわして場外へ逃走し、山本をおちょくる。

さらに剛力は、場外からリング内の山本を挑発し、追いかけて来た直後に
入れ替わりでリングへ飛び込む。だが、次に同じことを試みた際、
山本がフェイントをかけて剛力を捕獲。

リング内へ逃げようとする剛力を場外へ引きずり出すと、
セコンドの忽那汐里がイス攻撃。


5分経過。リングへ戻ると山本がランニングローキック、腕ひしぎ逆十字固めで追撃。
さらに、金具がむき出しになったコーナーへ剛力を叩きつける。


それでも剛力は山本の突進をかわし、地団駄を踏みながら「いくぞ~」と
アピールを開始。だが、場内は一斉ブーイング。

金具との衝突を免れた山本が、背後からトーキックで妨害。
すると剛力は、山本を金具へスローイングし、
再び「アーッ!!」と奇声を上げアピール。
しかし、やはり衝突を回避した山本が妨害。

それでも剛力は、髪を掴んで山本を引き倒す。10分経過。

山本を突き飛ばしてコーナーの金具へぶつけ、スクールボーイで丸め込む。
続いて山本はロープへ走るが、鈴木がスリーパーホールドで捕獲。
山本が締め上げる体勢に入るも、
剛力がレフェリーを掴んで抵抗。

怒った山本がレフェリーに近づくと、剛力は背後から攻撃を狙う。
ところが山本がそれを察知し、トーキックで蹴散らす。


さらに山本は、剛力の丸め込み技を腕ひしぎ逆十字固めに切り返す。
これを剛力が辛うじてロープエスケープすると、
山本は左右の張り手連射からスリーパーホールド。


15分経過。剛力がレフェリーを引っ張り込んで山本に激突させ脱出に成功。

すると山本は、ドロップキックで剛力を黙らせ攻撃を回避。
そして、反対に剛力の後頭部を殴ると、下から両脚を絡め、
ヨーロッパ式エビ固めで3カウントを奪取した。


シトルリンXLプレミアムでショートカットの似合うアイドルと




吉高由里子 × 南沢奈央

SWITCHBLADE2014 #23




吉高由里子南沢奈央の対戦。


序盤、南沢が吉高を場外へ追いやり、ラフプレーで先制。
そして、リングへ戻っても髪の毛を掴むなどの反則技を繰り出し、
強力なスリーパーホールドで絞め上げる。

苦しくなった吉高は、ブレーンバスターを逃れて突破口を開き、
全身をのけぞらせて南沢の突進をかわす。これで南沢が場外へ転落すると
吉高はエプロンで助走をつけ、ジャンピングニーアタックをお見舞い。

5分経過。リングへ戻り吉高がバイブレーション式踏みつけ攻撃で追い討ち。
さらに南沢をコーナー最上段へ固定すると、
ランニングニーアタックを3連発でボディへ見舞う。

しかし南沢はパワースラムで逆襲。そこからワンハンドバックブリーカー、
ダブルアームスープレックスと畳み掛ける。

しかし吉高がジャンピングカラテキックで巻き返し、
バッククラッカー、リバースパワースラムに繋げる。

10分経過。吉高はコーナーにのぼるが、南沢が起き上がり、
雪崩式ブレーンバスターで逆襲。さらにシャープシューターで動きを止める。

ここで南沢はランディングボディープレスを狙うが、
吉高がバックスープレックスに切り返す。

しかし南沢がラリアットで吉高を吹き飛ばし、
タイガースープレックスホールドでフォール。

これを吉高が返すと南沢は再びランディングボディープレスの体勢に入る。
しかし吉高が頭部にパンチを見舞って脱出し、
飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで逆転。

これを南沢が逃げると、吉高がすぐに立ち上がって延髄切りをお見舞い。
さらに相手を横向きに担ぎ上げて前方に落とし、
顳かみを蹴り上げるG2Sで畳み掛け、3カウントを奪取した。


シトルリンXLプレミアムで息子をどんどん成長させよう







北乃きい × 小嶋陽菜


SWITCHBLADE2014 #22




北乃きいとAKB48の小嶋陽菜の対戦。

久々に王座挑戦に関わるチャンスとあって、序盤から北乃が越中張りに張り切る。


ゴングを待たずにラリアットが相打ちになり、そこから激しいエルボー合戦が勃発。
これを制した北乃が場外戦に持ち込む。ところがこじはるが逆襲に転じ、北乃を鉄柵へ叩きつける。


リングへ戻ったこじはるは、踏みつけ攻撃、ボディスラム、エルボードロップなどで
北乃をいいようにいたぶる。しかし北乃は、こじはるのパンチをブロックして反対にパンチを連射。
そして、串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射、ラリアットに繋げる。


5分経過。こじはるがカウンターバックフリップで巻き返し、ジャンピングボディプレスで追い討ち。
しかし次の串刺し攻撃を北乃がかわし、ロープ際のラリアットでこじはるを場外へ転落させる。


激しい場外乱闘後、先にリングへ戻ったこじはるが、チェーンを持ち出す。
しかし、それを北乃が奪い返し、チェーンラリアットで逆襲。

さらに北乃は、串刺しラリアットを連発し、コーナー最上段からキタノコングニードロップを敢行。
ところがこじはるがかわして自爆を誘い、ライデン・ドロップからフォール。


これを北乃が返すと、助走式ラリアットでとどめを刺した。


シトルリンXLプレミアムでナイスバディな子をメロメロに



瀧本美織 × 島崎遥香

SWITCHBLADE2014 #21




AKB48の島崎遥香瀧本美織の対戦。


ロックアップで試合が始まり、そこから島崎が瀧本を突き飛ばす。


さらに島崎は、瀧本を吹き飛ばしてコーナーに激突させ、ショルダータックルでなぎ倒す。
だが、瀧本がロープをずらして島崎を場外に落とし、プランチャで追撃。


さらに瀧本は、ローキック、ストンピング連射、ロープを利用した膝折り攻撃で追い討ち。
ところが、島崎が逆襲に転じ、ラリアットで瀧本を場外へ追いやる。


5分経過。場外戦となり、島崎が鉄柵攻撃、イス攻撃。そして、リングへ戻ると、
顔面攻撃、ブレーンバスター、エルボードロップ3連発などでいたぶり続ける。


すると瀧本は、追走式ラリアットで逆襲。それでも島崎が倒れずにいると、
2回目の追走式ラリアットでなぎ倒す。

そして、串刺しニールキック、顔面へのヘッドバット、ローリングラリアットで追撃。
続いて瀧本はスープレックスを仕掛けるが、島崎が踏ん張り、変型ネックハンギングバスターで逆襲。


さらに、串刺しバックボディアタック、ラリアットで追い討ちをかけ、ジャンピングボディプレスを繰り出す。
これを瀧本が回避し、駆け込んできたところをフランケンシュタイナーでカウントを奪った。



シトルリンXLプレミアムでショートカット美人と




大島優子、島崎遥香、横山由依 × 橋本奈々未、白石麻衣、西野七瀬

SWITCHBLADE2013 #20

6人タッグトーナメント 準決勝のカード。

大島優子島崎遥香横山由依のAKB48が
橋本奈々未白石麻衣西野七瀬の乃木坂46と対戦。


先発の白石とコリスはグラウンドの攻防。横山が西野にサミング、
タックル、ストンピング。西野がドロップキック。橋本が飛び込み、
同時に場外へトペスイシーダ。

ぱるるが橋本にイス攻撃。場外ではコリスが白石にヒザ蹴り。
さらに細いヒモでのチョーク攻撃から、イスを使ったアームロックへ。


5分経過。リング上では横山が橋本を捕獲。
ぱるるはボールペンを橋本の額に突き立てると、
早くもパンタロンを脱ぎ捨て、白石ばりにクネってからトラースキック。

場内からは「ぱるるは帰れ」コールが起こる。

橋本がコリスにジャンピングハイキック。
白石がコリスにヴァイブレーションからコーナーに載せてのヒザ蹴り。
コリスがハイキック、PK。


10分経過。白石とコリスがエルボー合戦。
白石のキックを連続でかわしたコリスが張り手からスリーパーでとらえ、
パイルドライバーを狙うも、白石が切り返してキック。

西野と橋本がコリスに連係攻撃を見舞い、
白石がリバースパワースラム、西野がヒザ蹴り、
白石がローダウンを狙おうとするも、ぱるるがレフェリーをぶつけて阻止。

すかさずコリスが西野をスリーパーで締め上げ、
ダイビングヒップアタックで沈めた。


シトルリンXLプレミアムで非モテから卒業します!




桐谷美玲、桜庭ななみ、高月彩良 × 橋本奈々未、白石麻衣、西野七瀬

SWITCHBLADE2013 #19

6人タッグトーナメント 2013一回戦のカード。

桐谷美玲桜庭ななみ高月彩良
橋本奈々未白石麻衣西野七瀬の乃木坂46と対戦。


高月のチョップ攻撃を皮切りに試合開始。高月は西野を場外に連れ出し、
「おい、橋本来いよ」と呼び掛けると、橋本は「ごめんなさい」の素振りから攻撃。
高月をリングに戻し、西野に攻撃させ、タッチして高月をキックで飛ばす。

橋本は交代した桐谷にドロップキックを打ち込み、フライングメイヤー。


桐谷がコブラツイスト。橋本がローリングクレイドル、ミサイルキック、ムーンサルトプレス。
高月のセントーンは桐谷が間一髪でかわす。


5分経過。白石が高月にラリアット。高月も打ち返すと、相打ちからエルボー合戦へ。
高月はキックで場外へ落とし、桐谷がコーナートップからダイブ。
リングに戻し、今度は高月がダイビングフットスタンプ。カウント2。


代わった桜庭が丸め込みを仕掛けるが、白石もラリアットで反撃。
さらに桐谷と高月をダブルのラリアットで倒し、
最後は白石が桜庭をローダウンで沈めた。




シトルリンXLプレミアムで女子をHに溺れさせよう








山本彩、渡辺美優紀、吉田朱里 × 武井咲、剛力彩芽、惣那汐里

SWITCHBLADE2013 #18

6人タッグトーナメント 2013一回戦のカード。
山本彩渡辺美優紀、吉田朱里のNMB48が、
武井咲剛力彩芽惣那汐里と対戦。



先発は渡辺と武井。だが、客席からは大きな「さや姉」コールが。
それでも山本は頑なに拒否する。
渡辺は武井をチョップで倒して手刀を切るが、山本がメガホンでカット。

吉田は剛力にキック、エルボーで向かっていき、セコンドも交えてのトレイン攻撃から
最後に山本がメガホン攻撃。だが、剛力も怒りの反撃に出ると山本にゴーフラッシャー。


武井が山本と渡辺にネックブリーカー。惣那がセコンドに場外へ連れ出されると、
剛力が鉄板を持ち出し、場内のあちこちで乱闘状態に。


5分経過。山本が惣那に椅子を連続で振り下ろし、ロープ渡りへ。
だが惣那に落とされ、ロープにつかまったところへセコンドの城恵理子も加勢。
城のNMB再加入に場内のテンションが一気にヒートアップする。
山本が惣那にヘッドシザース、城がイス攻撃でアシスト。


渡辺が張り手、ミサイルキック。これに対し武井が619。
しかし背後から山本が武井バックドロップ。


10分経過。山本は3人まとめて押し潰すと、惣那に裏拳。
フィニッシュ予告から、渡辺がスラップジャックの要領で惣那を上空に放り上げて
足を掴み、山本が頭部を空中でキャッチしダイヤモンド・カッターの基本形に移行し
マットに叩きつけるカモネギックスで勝利した。



シトルリンXLプレミアムで毎日ヤリタイックス!



川口春奈 × 川島海荷

SWITCHBLADE 2013#17


QUEEN OF TEENS 2013一回戦のカード。

川口春奈川島海荷の次世代若手女優対決。


川口がヘッドロックで締め上げると、エルボーの打ち合いからハイキックでやり合い
タックル合戦でうみにーがダウンを奪う。だが、川口もエプロンに寝かせてヒザを打ち込み
うみにーをリングに戻して顔面を踏み付ける。


5分経過。川口がうみにーを逆さ吊りにして、低空のドロップキック。
さらにうみにーをマットに投げつけると、腕十字固めを仕掛けるが、
うみにーが足でロープエスケープ。なおも川口がヒザ蹴りをぶち込むと、うみにーもタックル
スカッドミサイルで倒しにかかる。

川口がフルネルソンスープレックス、バックドロップ。
だが、うみにーもカウンターのラリアットで反撃に出ると、エルボー、
両手を使ってのハンマー。川口のジャーマンは何とかカウント2で返す。


10分経過。うみにーがハンマー、体勢が崩れながらの投げっぱなしパワーボム、
ラリアット、バックドロップとたたみかけにくるが、空中でクルリと回転し、
着地してから、背後からのスピアーで川口春奈が勝利。


これで後、西内まりや橋本愛高田里穂の3人とととに
7月開催予定のPPVで優勝を懸けての参戦が決定した。


シトルリンXLプレミアムでアイドルとガンガンやってやるって








橋本愛 × 荒井萌

SWITCHBLADE 2013#16


QUEEN OF TEENS 2013一回戦のカード。

「あまちゃん」に出演中の橋本愛
7月から2本のドラマのレギュラーが内定している荒井萌の対戦。


橋本は場外へ連れ出し、イスで殴りかかるラフファイトを展開。
荒井もなんとかイスで応戦し、橋本も相手の顔面をかきむしりロープで絞首刑。

リングに戻り、再び顔面をかきむしると、ラリアットの相打ちとなる。
荒井が串刺しラリアット、エルボー&キックの打ち合いから
橋本がヒザを打ち込み、ダブルアーム式DDT。


5分経過。荒井がスパインバスター、ジャーマン、ラリアットとたたみかけると、
トップロープからダイビングボディープレスを敢行。


しかし橋本が両ヒザを立てた剣山で回避。
腹部をおさえて苦しむ荒井を首固めに丸め込むがこれはカウント2。


最後は荒井をヘッドロックで仕留め、
そのままキャンバスに叩き落として試合をモノにした。


シトルリンXLプレミアムでクールな美女を堪能しよう





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。