スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


戸田恵梨香 vs 綾瀬はるか

2009年、若手女優最高峰決定戦が実現。
ライアーゲームシーズン2に出演中の戸田恵梨香が決勝のリングへ。
この1日で北川景子綾瀬はるかを破れば名実ともに今年の顔になると実況される。


試合が開始されると両者が残っている力をすべて出し切るような攻防。
互いにフィニッシャーの失敗が続き、流れを変えるべく戸田が場外戦を仕掛ける。
場外で綾瀬にDDTを見舞わせてペースを変える。


今年はLAWで半年間、WWWE王座を保持し名実ともに番組の顔になった戸田。
現時点の活躍を考えると、綾瀬よりも活躍していた感はある。


この試合でも現若手女優世界王座の王者である綾瀬相手にも
自分のペースに持っていっているだけに最高峰は目の前と言ってもよい。


フィニッシュを敢行するアピールを15000人の観客の前で披露し、
パントキックを狙うが、綾瀬が戸田を抱え上げてスープレックスで投げる。
間髪入れず背後に回りバックドロップホールドを狙うが、戸田に粘られる。


しかしここは好判断が働き、グラウンドコブラツイストの体勢に切り替え
そのままフォールで固めてカウント3奪取!!!


最後の最後でMVPの座を持っていかれた戸田。
9割9分今年の顔は戸田だと観客たちも確信しただけに、
ラストの攻防での逆転劇は綾瀬らしいといえば綾瀬らしかった。



今年は特にドラマ界でも低視聴率の作品が続き、ドラマ不況などという
呼び方もされる中、綾瀬はMr.BRAINとJIN -仁- (ともにTBS)で唯一の20%超えを果たし
演技力だけでなく視聴率でも結果を出している。


年末でJIN -仁- で高視聴率を出しているだけに、これがなければ
この試合でも勝利を得られる事はできなかったのかもしれない。


試合後、綾瀬が花道で若手女優世界王座のベルトを誇示し大会は終了。



日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水で2010年はモテる男子の顔になろう
SUPERSTAR OF THE YEAR2009 トップページ



スポンサーサイト

前田敦子 × 篠田麻里子(AKB48)

グループが結成されてあれから4年。
久々に行われる頂上対決がWWWEのリングでIC王座戦として実現。


AKB48デビュー当時は篠田麻里子が一番人気というイメージがあったが
ドラマ栞と紙魚子の怪奇事件簿に出演したあたりから前田敦子
エースに交代したというイメージがある。


しかし最近、ミクシィなどのSNSコミュニティ参加数でふたたび
マリ様が人気を取り返しただけに甲乙つけ難い状況になっている。


今年はリリースしたシングル4枚がすべて初登場でベスト3にランクイン。
10月にリリースしたRIVERでオリコン初登場1位を獲得。
悲願の1位奪取は、1週目で17万枚を突破する大ヒットを記録!


その勢いで2007年以来の2度目の紅白歌合戦出場を決める。



かつてはWWWEタッグ王座のパートナー同士、
現在前田はこの王座保持とともにIC王座の二冠王、
対する篠田はMOREのモデルの他、ギネにも出演。
バラエティ番組のレギュラーも獲得し、両者ともに充実した活躍ぶり。

第一試合に勝利し、タッグ王座を奪取した前田はスタミナ面の事も考え
短期決戦を狙う。タックル、スピアーなど果敢に攻めていく。

前田が第一試合同様、フィニッシュ前に相手をロープに飛ばし返ってきた所を
一本背負いで投げようとするが、ここはマリ様が踏ん張りスリーパーで締められる。


苦しそうな表情をする前田ではあったが、1分程耐える。
しかし連戦の疲れもあってか試合が15分経過したあたりから序々にダウンしていき
両者グラウンドに展開する。


篠田の両足を前田の腰あたりに絡ませ、首と腰の両方を締めるスリーパーで
スタミナを奪っていく。AKBナンバーワン決定戦でもある試合は
その名の通り、見ごたえのある展開になっていく。


レフェリーが前田の片腕を上げながら、意識があるかどうかチェック。
3度目のチェックでなんとか踏ん張る。


なかなかギブアップをとれない状況に、マリ様が前田を起こす。
ロープに飛ばしビックブートを狙うが、回避されフライングエルボーを食らう。


さらに前田がロープに飛ばしてパワースラム。これでカウントはとれず。
またロープに飛ばすが、逆にスプラッシュスラムを連続で食らってダウン。
これでマリ様にカウント3をとられる。


新王者となった篠田も胸あたりを抑えながらベルトを持って
エントランスへゆっくりと引き上げていった。


両者とも今ではコミュニティ参加数15000人前後だけに
若手女優界のトップ王座を十分狙える位置にいると言える。


今後、非常に楽しみな存在である。


日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水でアイドル級のカワイイ子をゲット!
SUPERSTAR OF THE YEAR2009 トップページ



北川景子 × 戸田恵梨香

スーパースターオブザイヤーにノミネートされた4人で行うトーナメント
もう1回戦は戸田恵梨香北川景子

今年は高視聴率ドラマBOSSに出演し、現在はライアーゲーム シーズン2に出演。
女優生活における初の写真集も話題になり、WWWEでも王座のグランドスラムを達成。


同じく北川も戸田と並ぶグランドスラムを今年達成(若手女優では3人目)
なんといっても印象的なのは夏にフジテレビの月9ドラマ
ブザービート~崖っぷちのヒーローでヒロインを演じ、7月開催のPPVでは
当時王者になってから無敗であった戸田からピンフォール勝ちした事でしょう。


解説者のひとりが戸田はWWWEでのタイトルを吉高に奪われ、勢いが止まったかに見えるが
それは大きな間違いで、失ったからこそ、このPPVでの優勝を狙うモチベーションが
上がっているので注意が必要と話す。今ではSNSサイトのコミュニティ参加数が
10万人を超える北川、それに対し5万人の戸田。人気は半分でもここではわからない。

場外戦からスタートし勢いづく戸田の攻撃をなんとか回避。
背中を向けた戸田に北川が三角跳びの要領で、ダイビングアタック。両者場外で倒れる。

約半年王座を保持していた戸田も、今の北川の人気には敵わないような感じだったが
その辺はライアーゲームなどで培った得意のずるさでしのいでいった。
北川がスープレックスで投げようとすれば、戸田はレフェリーにしがみつき投げさせない。

後ろ足で北川を蹴り上げダウンさせる。
ここでバントキックを狙うが、かわされる。

ドロップキックで吹っ飛ばされ、戸田がコーナー近くでダウン。


この後、コーナーポストからのスワントーンを狙おうとした北川に殴りかかり、
そこから雪崩式のEKO(両手を使って、相手の首に全体重を掛けて
落としていく空中首落とし弾)を敢行。


トーナメントの決勝戦は、戸田恵梨香と綾瀬はるかに決定。
紹介のVTRアナウンスが流れると、観客から歓喜とも呼べる大きなどよめきが起こった。


これで2009年の若手女優の顔が決まる。



日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水で2010年はモテる男子の顔になろう
SUPERSTAR OF THE YEAR2009 トップページ


吉高由里子 × 綾瀬はるか

今夜は、スーパースターオブザイヤーにノミネートされた4人による
トーナメント戦が行われるとアナウンス。1回戦は綾瀬vs吉高、戸田vs北川。
優勝者が受賞。高視聴率女優と現WWWE王座の王者の対決が1回戦で実現。

綾瀬はるか吉高由里子、実はこの両者、2010年1月3日の正月にも
テレビで放映される映画「僕の彼女はサイボーグ」で共演を果たしている。


わずか3年という短いキャリアで番組の最高峰の王座を獲得した吉高。
2008年のドラマ太陽と海の教室で初の月9ドラマ出演を経験し、今年も
TBSラブ・シャッフル、フジテレビ東京DOGSなどのヒットドラマに出演。

キャリア、実力、人気ともに急上昇し充実の1年と言えるだろう。
その自身の1年に感謝したいといい、このトーナメントに勝ち上がって
年間MVPも獲得したいと宣言。連戦連勝の戸田恵梨香から勝利できた事が
今年のWWWEで最も印象的だとも発言。相手の探りあいから試合が始まり
長期戦の予感がしたが短い試合になった。


吉高が綾瀬を持ちあげて必殺のG2S(腹部へのヒザ蹴り)にトライするが、
持ち上げた時に体勢を揺らされてバランスを崩される。この状態から綾瀬は
うまく背後に回り、急角度のバックドロップですぐにフォール。


カウント3を奪取し、決勝戦へ進出。

ミスターブレイン(Mr.BRAIN)、仁 -JIN- という高視聴率ドラマに出演した女優は
まだまだ止まれない。試合後、戸田は綾瀬を祝福し、決勝では私が勝つと宣言。


それでも綾瀬は諦めない、2009年、今年の若手女優の顔でもある
戸田恵梨香から勝利してこそ意味があると返した。



日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水を使った感想はブログでも人気
SUPERSTAR OF THE YEAR2009 トップページ


小池里奈 × 渡辺麻友(AKB48)

写真集やムックの売り上げで記録を出し、グラビアだけでなく
最近はNHKドラマ チャレンジドなどにも出演した小池里奈

対するは夏に行われた総選挙では投票第4位という輝かしい実績を残した
チームBの顔、渡辺麻友。本隊だけでなく渡り廊下走り隊としても活動中。
王座挑戦は夏のPPV以来。そろそろWWWEでの王座が欲しい所。



序盤、渡辺が小池の低空ドロップキックを交わし、相手をロープに絡ませ
顔面にドロップキックを入れて続けざまにラリアート。小池をトップロープ越しに投げ落とす。

すぐに両者リングに戻り、小池のサブリナイン(ロープの反動を利用して、
両足をスウィングさせ相手の顔面をぶつけようとする技)をブロックした渡辺が攻撃を加え、
雪崩式ブレーンバスターを狙う。

だがこれは小池に回避され、コーナーから場外へ落とした渡辺に対して
小池がケブラーダをヒット。小池はここで勢いをつけさせたら王座が危ないと
感じ渡辺を背中からガードレールに叩きつける。これで腕を負傷し痛がる。

それでも技を繰り出そうとする渡辺の攻めを抜け出してサブリナインをヒット。
さらにもう一発のサブリナインからフロッグスプラッシュ。
力をつけてきたAKB48の渡辺をなんとかフォール。


場外にいるAKBのメンバーに注意を引きながら今年奪取したUS王座を防衛した。
渡辺はまたもや王座奪取に失敗、次回に期待したい。


日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水でモテ男に変身♪ハッピーニューイヤー
SUPERSTAR OF THE YEAR2009 トップページ



川島海荷 × 桜庭ななみ

今年活躍した新しいスーパースターオブザイヤーといってもふさわしい両者。

BS-i bump yの桜庭ななみの、ブラッディマンディS2の川島海荷
この両者のドラマでの演技をまだ観ていない人がいるのなら、
必ず見るべき試合だと解説者は言う。
桜庭は新人賞に該当する賞にノミネートされたを誇りに思うと言う。




両者はともに今年、IC王座のについているU-17若手女優。
活躍と同時に多忙になり、特に桜庭はWWWEの試合中、相手の攻撃を
ブロックした際に足を痛めている。この試合でも川島と場外戦になると
どうしても相手の流れになってしまい、なかなか自分の試合ができない。


しかし、新人の中での最優秀賞を受賞するには、観客や視聴者たちに
これ以上にないインパクトを与えなければいけないという使命感があった。


川島が桜庭を鉄柱に立たせ、桜庭目がけて攻撃を仕掛けるが回避され鉄柱に激突。
このチャンスを見計らって、リング下から巨大なラダーを取り出し、
川島を放送席に寝せ、ラダー上から相手めがけてダイブを敢行。

机は二つに割れ、両者が大の字になる。
場外カウントが進む中、桜庭がなんとかリングに戻りリングアウト勝ち。
ブレイクアウトオブザイヤー2009は桜庭ななみに決定する。



日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水を使ってみた体験談が知りたい
SUPERSTAR OF THE YEAR2009 トップページ


前田敦子・大島優子(AKB48) × 鈴木えみ・佐々木希 × 黒木メイサ・南沢奈央

セミでIC王座の防衛戦を控えているAKB48の前田敦子
第一試合では今年のベストタッグチームを決めるタッグチームオブザイヤーに出場。
同試合はWWWEタッグ王座も賭けられているだけに、どのチームもほしい称号である。

タッグチームオブザイヤーのノミネートとして
前田敦子・大島優子のTEAM AKB48、
鈴木えみ佐々木希
のTEAM「PINKY」、
黒木メイサ南沢奈央
のTEAMスウィートパワーがエントリー。


試合開始直後、前田と大島が鈴木を突き飛ばして意図的に佐々木を丸め込む。
フォールの体勢時に、黒木と南沢も加担し鈴木と佐々木のチームが早々に負けが決まる。

長身を生かした試合が期待されていただけに一部の観客からはブーイングが。
敗者チームが退場しブーイングが起きるが、チームAKBはすっとぼけている。

その後の試合は今年WWWEタッグ王座を長期保持していた黒木チームの流れになる。
黒木は2010年の正月に嵐のメンバーが10年ぶりに総出演することで話題の
フジテレビ系ドラマ「最後の約束」でヒロインとしても出演するだけに勢いがあった。


そしてチームAKBが場外に放り出された後、黒木がマイクを持ち出し
自分たちはこの団体史上最高のタッグチームであり、長期間王座を保持できたのは
他の女優たちの中に強豪がいなかった事を挙げ、それに対し感謝の意を述べた。


しかし今年シングルRIVERでオリコン初登場1位を獲得したAKBは黙っていなかった。
リングにあがり、黒木チームを強襲。すぐに場外戦に誘い出し、
AKBのコスチューム(シャツ)で柏木由紀高橋みなみ小嶋陽菜板野友美など
AKBのメンバーも場外戦に加担。数的有利を生かして流れを変えていく。

リング上に戻り、最後は前田が南沢に一本背負いからの逆十時で勝利。
WWWEタッグ王座と同時にAKB48が今年のベストタッグチーム賞に輝く。

日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水で年末新年は女子と一緒にいれる!
SUPERSTAR OF THE YEAR2009 トップページ


PPV SUPERSTAR OF THE YEAR2009

12月27日開催 SUPERSTAR OF THE YEAR2009

・スーパースターオブザイヤー2009 決勝戦


・IC王座戦

前田敦子(王者) × 篠田麻里子(AKB48)


・スーパースターオブザイヤー2009 1回戦

北川景子 × 戸田恵梨香

綾瀬はるか × 吉高由里子



・US王座戦

小池里奈 × 渡辺麻友(AKB48)


・シングルマッチ

桜庭ななみ × 川島海荷

・タッグチームオブザイヤー WWWEタッグ王座戦

前田敦子・大島優子(AKB48) × 鈴木えみ・佐々木希 × 黒木メイサ・南沢奈央



日記・ブログランキング
2009-2010年度のPPV一覧





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。