スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PPV WWWE IS DEAD?

7月4日開催 WWWE~若手女優.comのPPV


・若手女優世界王座戦 4ウェイマッチ

前田敦子(王者・AKB48) × 蒼井優 × 佐々木希 × 相武紗季


・WWWE王座戦 特別ルールタッグマッチ

黒木メイサ・上戸彩 × 北川景子・綾瀬はるか

・シングルマッチ

夏帆 × 長澤まさみ

・IC王座戦

大島優子(AKB48・王者) × 石原さとみ

・シングルマッチ

桐谷美玲 × 成海璃子

仲里依紗 × 多部未華子

・WWWEタッグ王座戦

松下奈緒・南明奈(王者組) × 志田未来・比嘉愛未(挑戦者組)



どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』


スポンサーサイト

前田敦子(AKB48) × 蒼井優 × 佐々木希 × 相武紗季

若手女優世界王座を争う4ウェイ戦が今回のPPVのメインイベント。

AKB48の前田敦子、同じくNHKドラマ龍馬伝に出演中の蒼井優

TBSドラマ土俵ガール!で主演の佐々木希、そして相武紗季による王座戦。


だが、本来は出場資格のある蒼井優が入場時に、なんと第一試合でWWWEタッグ王座を

奪われた松下奈緒に強襲される。鉄階段めがけて投げつけられ、蒼井は気を失う。



リングドクターやレフェリー、およびWWWEのスタッフが駆け付けるも、

一向に回復の兆しがない。それを見かねたLAWのGM、香里奈も駆け寄る。



緊急事態にGMが下した決断は、蒼井の代わりに松下を出場させるという件だった。

当然場内からは大ブーイング。思惑通りの松下はニヤリと笑った。



試合はこの松下が序盤から3人を圧倒、前田は松下の猛攻を利用する形で

松下を場外に追いやる事に成功してリングを一掃する。

中盤からは残り3人が持ち味を最大限に発揮する攻めを展開、

4ウェイ戦らしい息詰まる展開、各々がフィニッシュ技を敢行して

全員がリング内でダウンしてしまった。

そこで、先程場外に落とされた松下が蘇生。

まず相武紗季にコーナーからのフライングショルダーから、

チョークスラムとつないでピンフォール。


続いて佐々木にも攻撃を仕掛けようとするが、ここは背後から

王者の前田に反撃されてしまう。ここで前田と佐々木が共闘。

松下をロープに振って攻撃をはかるが、ラリアットで二人とも倒されてしまう。


しかしそれでもなんとか反撃の糸口を掴もうと、前田を捕えている松下に

佐々木がキックを見舞おうとするが、瞬時に松下がこれをよけて

前田に誤爆してしまう。そのチャンスを見逃さず、前田をチョークスラムでフォール。


これで松下 × 佐々木という形になってしまい、どちらが勝利しても初戴冠。



松下がアッパーで攻めていき、スプラッシュの連続技で勝利を狙うが

佐々木が粘ってカウント2で返していく。


状況的には不利であるものの、場内からは「希」コールが沸きおこる。

松下のビックブートをかわし、その体勢からワキ固めに持っていき、

さらにはすぐにラ・マヒストラルで丸める。しかし2で返されてしまう。


佐々木は、100%の状態とは程遠い状態でありながらも逃げずに攻めていく。

だが一度勢いのついた松下の猛攻を止めるのはそう簡単ではなかった。

20分が過ぎたあたりで、松下は佐々木をチョークスラムで沈め、

さらにツームストーン・パイルドライバーで勝利。

若手女優世界王座を強奪してしまった。


日記・ブログランキング
恋愛初心者もビックリ!フェロチカホーク香水のモテ効果
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』



黒木メイサ・上戸彩 × 北川景子・綾瀬はるか

WWWE王座の防衛戦が特別ルールで開催!


前々回のPPVでTBSドラマ「新参者」の黒木メイサ
フジテレビ「絶対零度~未解決事件特命捜査~」の上戸彩を相手に
防衛戦を行ったものの、意図的な反則で王座防衛に成功。


これを見かねたSWITCHBLADEのGMである綾瀬はるか
特別ルールを提案した。その条件を黒木が飲むかわりに、黒木もさらなる条件を提案した。


今回のタッグマッチで


・黒木が綾瀬に勝利なら、ブランドの全権利を綾瀬に代わってはく奪できる
・黒木が北川に勝利なら王座防衛。

・上戸が綾瀬か北川に勝利なら次期WWWE王座挑戦者として挑戦できる

・北川が黒木か上戸に勝利なら新WWWE王者誕生

・綾瀬が黒木か上戸に勝利ならGMとしての全権利を保守できる

※ただし反則裁定による勝利を除く。


全権利をはく奪という部分が、今回のPPVのタイトルでもある
「WWWE IS DEAD?」につながると解説陣が説明をした。


月9ドラマ「月の恋人」に出演中の北川景子は前々回のPPVで
勝ち星を手に入れ、それをGMが次期挑戦者として査定したため今回参戦できた。


場内の「北川」コールを受けて、まずは北川と黒木が先発。
黒木は一旦場外へエスケープした後、
ロックアップから左腕をとらえると、キャメルクラッチ、ヘッドロックで捕獲。

北川は張り手、ヒザ蹴りを放ち、ミドルキックを放つと、黒木は早くもトラースキックから
飛びつき式のDDTを狙おうとするが、北川がこれをはね返した為、黒木は上戸に交代。

上戸は代わった綾瀬にパンチ、ランニング式フェースバスターを決めると、
綾瀬はストンピングで反撃。さらにエプロンに寝かせて頭突きを食らわせる。


番組GMでありながら、ドラマ「ホタルのヒカリ2」の好調さもあってか、特別に出場した綾瀬。
綾瀬は待機している黒木をスライディングキックで場外に落とし、
場外で待っていた北川が鉄製看板に黒木を思い切り激突させると、
黒木はたまらず場外でダウン。




綾瀬のヘッドロックを食らいながらも、上戸を背中に担ぎ上げるが、
これは上戸が切り返して阻止。さらには綾瀬のチョップ攻撃を
腕をつかんでブロックした上戸は、フトンロスープレックスで反撃。

キック、チョップからソバット、串刺しキックを繰り出し綾瀬をダウンさせる。
ここでフォールに入るが、味方陣営の黒木にカットされてしまう。


黒木としてはパートナーの上戸がフォールをしても
またこいつが挑戦してきて厄介だな、という心境のようだ。


ここで両者がもみ合うが、それをつけねらってか綾瀬と北川が両者をドロップキックで
場外に落とす。さらには二人揃ってトペ、ブランチャで黒木・上戸をふっ飛ばす。


しかしここは完全決着をつけたいため、北川が上戸をリングに戻す。


連続のミサイルキック → バックドロップで綾瀬がカウント2まで追い込むと、
もう一度バックドロップを狙うが、黒木に突き飛ばされてダウンしてしまう。


黒木が綾瀬を場外に投げ飛ばす。しかし背後から北川のドロップキックを
黒木が喰らって、リング中央にダウン。


ここで北川がコーナーにのぼり、スワントーンボムを狙うが、
黒木がスルスルっとコーナーに駆け上がり逆に場外へ突き落す。



ここで黒木はさきほど口論になった上戸に喧嘩をしかけ、張り手の打ち合いに。
さらにはエルボーをたたき込み、上戸を持ちあげて、場外にいた綾瀬・北川めがけて
上戸を投げつけた。三人ともリング外でダウン。


しかしこれでは物足りないと、北川に放送席からのスイング式DDT。
さらには綾瀬に場外でパイルドライバーを食らわせる。


ここで上戸がリングに戻ろうとしたので、タイツをつかんで場外に落とす。
それとは入れ替わるように黒木がカウントギリギリでリングに戻る。


ここで黒木ひとりのリングアウト勝ちのゴングが鳴らされる。
反則裁定ではないが、リングアウト決着という不完全な結果だっただけに
場内からは黒木にブーイング。

しかしそんなのはお構いなしにと、黒木はベルトを持って引き揚げた。



日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水を使って、出会い系サイトを卒業します!
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

WWWE IS DEAD? トップページ


夏帆 × 長澤まさみ

映画「きな子」に主演の夏帆とドラマ「GOLD」の長澤まさみの対戦。

ともに清純派のイメージのある若手女優であるが、かつての勢いは
最近台頭してきている若手女優たちに飲まれている感があると解説陣が語る。


夏帆は序盤から確かなレスリングテクニックで長澤を圧倒。
長澤も反則の顔面へのナックル連打から、コーナーに激突させてダウンを奪い、
ドロップキックをかわして変形キャメルクラッチで攻め立てる。

グラウンドの時間を有効に使い、グイグイ首元から顔面にかけて夏帆を苦しめていく。
ならばと夏帆もパワースラムで反撃。両者ダウンからカウント7で共に立ち上がり、
夏帆が全身を使ったラリアット、アッパーを見舞うと、長澤もお返しのダブルラリアット
そしてダブルアームスープレックスで夏帆を投げる。


だが夏帆はヘッドシザースで反撃に出るが、長澤のサッカーボールキック、
スリーパー、ボディースラムを喰らってしまう。フォールをされるが、
なんとか2.7で夏帆が返す。


その後、長澤のジャンピングニーをかわして、夏帆がフェースバスター。
さらに長澤を担いでエアプレンスピンを狙うが、担ぎ上げた際に長澤の足がレフェリーに誤爆。
怒りのレフェリーはカバーに入った夏帆に対し超スローカウントで3を入れないようにすると、
夏帆がレフェリーに向かって猛抗議。このスキに長澤が
背後からジャンピングニーを延髄に入れ、さらにはゴーストバスターで叩きつけ、
抑えこんでピンフォール勝ち。



長澤がうまくレフェリーの怒りを利用して、意気揚々と勝ち名乗りを上げた。


日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水で清純だったあの子がエッチに豹変する?!
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

WWWE IS DEAD? トップページ


大島優子(AKB48) × 石原さとみ

IC王座を腰に巻いた大島優子は、AKB48のメンバーたちによって争われた
「第2回選抜総選挙」で手に入れた旗を手に登場し、観客にマイクアピール。
大歓声に迎えられて登場すると、大島が客席にアピールを繰り返す間、
挑戦者である石原は一旦リングを降りる。


大島は「コリス」コールを受けて開始直後にヒップアタックを狙うが、
石原がこれを回避し、すぐ場外へ逃げたため試合の流れを組み立てる事ができない。

石原はタックルで大島を場外へ落とし、リング上から観客を威嚇。
大島は石原にロープに振られると、自らサードロープの下を潜り抜けて脱出し、
場外へ逃げた石原へ飛びかかると、コーナートップからのダイブを試みるが、
石原が下からキックで迎撃。倒れた大島にストンピングを連発で打ち込み、走りこみ式のキック、
フェースバスターを放つと、ボディーシザースで絞め上げる。


さらにはエルボードロップ連発でフラフラにさせた後、ジャーマンを決める。
美しいフォーム、ビューティフル!と解説陣がうなったが、これはカウント2。


フジテレビドラマ「逃亡弁護士」に出演中の石原さとみは、
WWWEが管轄する王座戦線に絡んだのは実に5ヶ月ぶり。かつては
注目の若手女優の最先端グループにいただけにこれではさみしい。


久々の王座戦線だけに、ここはなんとしても結果を残したい。
だが大島も反撃を狙うが、石原にかわされストンピングの嵐にさらされると、
さらに顔面踏みつけ攻撃のエジキに。大島は何とか反撃を狙うも、コーナーに上がったところを
下から襲われてコーナーに逆さ吊りにされながらも、スワンダイブ式ボディーアタック、
ヒザ蹴り、顔面蹴りから石原のフィニッシュ技をカウント2でクリアし、
何度も逃げられそうになりながらもようやくダイビングヒップアタックを炸裂。


続けて雪崩式のリバーススープレックスを見舞って3カウントを奪取した。

初防衛に成功し、8月にリリース予定の総選挙後初のシングルに向けてさらに勢いをつけた。


日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水で清純派の女子と楽しい事しようよ
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

WWWE IS DEAD? トップページ


桐谷美玲 × 成海璃子

テレビ朝日系ドラマ「女帝薫子」に続き、2クール連続でドラマに出演の桐谷美玲
映画「シーサイドモーテル」に出演中の成海璃子の対戦。



桐谷は4月から4回連続でPPVに参戦中。ここまで南沢奈央小嶋陽菜と撃破し、
(小嶋とは1勝1敗)、現在出演中の月9ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」と同様に
若手女優としてもその期待度をあらわすかのように、WWWEでもプッシュされている。


桐谷は事務所の先輩でもある堀北真希に贈られたロングガウンを来て登場し、腕を振ってアピール。
それに対し成海は桐谷以上の爆発的な歓声とコールで迎えられ、
桐谷はファイティングポーズのまま視線を送る。

桐谷は蹴りのムーブで相手を威嚇し、成海は桐谷をコーナーに詰めると一旦ブレークし、
今度は左腕をとらえてコントロール。力比べでは桐谷がブリッジから体勢を立て直したところを
成海がヘッドロックで捕獲。再び力比べから成海がヒザを打ち込み、弓矢固めで締め上げると、
桐谷も反撃を狙うが、エルボーで打ち負かされてしまう。


なおも成海が逆水平チョップ、顔面ドロップキックを放つと、
桐谷は場外へ逃げた成海にスライディングキックを放つ。


しかし成海がお返しの三角飛び式ドロップキック。桐谷が場外でダウンする間、
成海はコーナーに寝そべって余裕のアピールをかます。
若手女優のキャリアでは確かに成海の方が一枚も二枚も上であると解説陣が語る。


リングに戻った桐谷に成海がサーフボードストレッチ、ドラゴンスリーパー。
しかし、桐谷もヒザ蹴りで反撃に出ると、逆水平チョップを連発するが、
成海の迎撃キック一発でダウンしてしまい、ミサイルキックのエジキに。

成海はセカンドロープにもたれかかってグッタリする桐谷を踏みつけると、
桐谷は顔面へのナックルで向かっていくが、成海は延髄斬り、ヘッドロック、
迎撃エルボーからリコサルトを繰り出すが、これはかわされて自爆。


桐谷はニールキック、二段蹴りで反撃を仕掛けるも、成海がバックブリーカーでとらえ、
場外へ落としたところ、桐谷がロープをつかんでリングに戻り、ハイキックを炸裂。
しかし、惜しくもカウント2で返される。


さらには成海をコーナーに上げ、ここから雪崩式フランケンシュタイナー。
しかしこれも2.5で返される。場内は桐谷のラッシュにヒートアップ。


ここで再びロープに飛ばして、ニークキックを狙うも回避される。
すぐに成海は桐谷の両足をつかんで、ウォールオブリコ(逆エビ固め)の体勢に。


ロープに近い場所だっただけに、ここは桐谷がロープに手を伸ばそうとする。
しかし、成海が中央に体勢を整えてしまい、ロープが遠くなってしまう。


2~3分粘ったが、精根尽き果てて、ついに桐谷がタップアウト。


これで桐谷は4月から連続出場しているPPVでの対戦結果は2勝2敗のイーブンに。
8月開催予定のPPVではどう出るか?


日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水でセクシーガールをゲット!
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

WWWE IS DEAD? トップページ


仲里依紗 × 多部未華子

日本テレビドラマ「日本人の知らない日本語」で単独では初主演の仲里依紗
TBSドラマ「GM~踊れドクター」に出演中の多部未華子の実力派同士の対戦。


仲といえば2010年の上半期、「今年最もブレイクした若手女優ランキング」でも1,2位を
争うほどの人気ぶり。注目度、演技力も着実につけているだけに
多部としては油断できない相手。

多部は自身が持てる技術、攻撃パターンのすべてを
出し惜しみすることなく仲にぶつけていった。
一方の仲は、その評価・若手女優としての実力を多部に見せつけるかのような動きで対抗、
多部を旋回式のボディスラムで仕留めてキャンバス上で引きずり回す様は圧巻だった。


両者は正統的スタイルでの攻防では「らちがあかない」と悟ると、仲が突然
場外からイスを持ち出して攻防をエスカレートさせる。


その前にまず、レフェリーと交差するような攻撃を意図的に行い、
レフェリーがダウンしている隙にイスを持ちだす。


しかし多部はイス直下のタイガードライバーをかわして、
逆にふりむきざまのトラースキックでダウンさせる。



だがレフェリーはまだダウンしたまま。
カウントがとれない事に悔しがる多部。



ここで多部は腐らず、エルボー → 裏拳とつないで
フラフラの状態の仲に対して、再度トラースキックを狙うが
これは仲が読んでおり、交わして振り向きざまのラリアット。


フィニッシュは旋回式のボディスラムでマットに叩きつけ
レフェリーが起き上がってきたところを狙ってガッチリフォール。


勝利をものにした仲が、ブーイングを浴びながら
どうだ!といわんばかりに、ふてぶてしく花道を引き揚げていった。


日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水でグラマーな女性を虜にさせよう
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

WWWE IS DEAD? トップページ


松下奈緒・南明奈 × 志田未来・比嘉愛未

ドラマゲゲゲの女房の松下奈緒南明奈が、
TBSドラマ「ハンマーセッション!」の志田未来比嘉愛未を迎えての防衛戦。




試合は松下×比嘉、南×志田の2対2の形となってスタート。
志田が南を場外へ誘って、松下と比嘉の戦いになる。

その後、リング上では4人になり、南を駆逐した松下と、
志田を駆逐した比嘉の攻防では両者がいきなりフィニッシュ技を狙い合う展開に。

この流れに場内がヒートアップ。第一試合から大いに沸いていた。
中盤では松下が勢いを取り戻して志田を攻め込むが、
パートナの比嘉も負けじと攻防に参加。

志田をチョークスラムの体勢にいこうとする所を、背後からの
ドロップキックで回避。それだけでなく風車式バックブリーカーから
志田をフォールの体勢に固めていけば、スワンダイブ式からの
エルボードロップで松下の頭部を狙って、カットに入っていく。


この後、松下×比嘉が試合の主導権を奪い合うように攻め合いながら、勝ちを狙いにいく。
試合の流れを大きく動かしたのは松下が比嘉をフィニッシュ技で仕留めようとした時だった。

リング上では連鎖反応が起きたように、松下が比嘉をチョークスラムで仕留めてカバー、
ここで志田はレフェリーを妨害したが松下に駆逐され、志田を場外に追いやる。


リング上では邪魔するな!と言わんばかりに、リング下の志田に向かって吠える。
だが背後から比嘉が、松下の背中に両膝を押し当ててから後ろに倒れこみ、
背中に衝撃を与える技で倒し、すぐに丸めこんでピンフォール。


抑えこんでいる間、志田は場外から南の足を引っ張ってカットをさせない好フォロー。



これでカウントが3つ入ってしまい、ハンマーセッション!のコンビが新王者チームに。
松下はあっけない結果に茫然し、イスを散らかして場外で暴れていった。



日記・ブログランキング
フェロチカホーク香水で色男臭をプンプンさせよう
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』


高城亜樹のプロフィール、画像、水着、写真集、DVD

高城亜樹





 このページでは高城亜樹の活動履歴について紹介をしています。






 ▼高城亜樹のプロフィール

 1991年10月3日生まれ。身長164cm。福岡県出身。
 所属事務所はビスケットエンターテイメント。
 血液型はB型。AKB48のチームA所属でもあり、フレンチキスのメンバーでもある。

 2008年の[AKB48 第三回研究生(6期生)オーディション」に合格し、
 同年8月の日比谷野外音楽堂が初ステージ。 

 2009年の第1回AKB48選抜総選挙では23位、翌年の第2回総選挙では13位にランクアップ。

 2009年リリースのアルバム「神曲たち」のジャケットに抜擢され、
 翌月リリースのシングル「ポニーテールとシュシュ」で初の選抜メンバー入りを果たす。


 高城亜樹オフィシャルブログ「あきちゃのティータイム」
 http://ameblo.jp/aki-takajo-we/
 Google+
 https://plus.google.com/107954758685270685108#107954758685270685108/posts

 ▼WWWEでのキャリア

 2010年からデビュー。現在はSWITCHBLADE所属。


シトルリンXLプレミアムであそこを大きくして冬からモテまくろう





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。