スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PPV Everyday、AKB48 結果

新曲「EVERY、カチューシャ」に同封されている投票券で決まる

第3回 選抜総選挙 2011順位に基づいたPPV

「Everyday、AKB48」




6月12日のPPV 対戦カード(括弧内の順位は6月9日発表分の最終順位結果)


メインイベント スペシャルボーナスマッチ



・WWWE王座戦

前田敦子(王者 1位)×戸田恵梨香



・若手女優世界王座戦

長澤まさみ(王者) × 大島優子(2位)



・IC王座戦

武井咲 (王者) × 柏木由紀 (3位)



・AKB48 スペシャルシングルマッチ

篠田麻里子(4位)× 高橋みなみ(7位)



・若手女優 × AKB48 シングルマッチ

堀北真希 × 小嶋陽菜 (6位)


北川景子 × 板野友美 (8位)



・WWWEタッグ王座戦

松井珠理奈(14位)・渡辺麻友(5位 王者組) × 成海璃子・川口春奈




AKB48 カテゴリー
日記・ブログランキング
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

フェロチカホーク男性用香水でメンバーみたいなカワイイ子と一発やってやるって!








スポンサーサイト

第3回AKB48選抜総選挙 スペシャルマッチ

前田敦子が。WWWE王座、ひとつ前の試合で
同じAKB48の大島優子若手女優世界王座を獲得した事で

AKB48メンバーが同時にWWWEの2大王座を獲得した事になる。


それを祝したかのようにWWWEのオーナーが登場。


ここでひとつ忘れていないか?と諭す。



そう、昨年同じ時期に総選挙の締めとして前田敦子 × 大島優子の同門対決が実現。



今年もスペシャルマッチとして現役王者同士の対戦をここで発表。



そして休む間もなくゴングが鳴らされる。

序盤、前田がエルボードロップをかわすと、コリスもローキックをかわして一歩も譲らない。
そこから熱のこもった手四つの力比べになり、前田がダブルリストアームサルトで投げる。

さらにロープブレイクの際に不意打ちを食らわせ、「このヤロウ! 来てみろ!」と挑発。
そして、フロントハイキックを放つが、コリスもフロントハイキックをお返し。
さらに前田がキックを放つと、コリスもすぐにキックを返し、カウンターニーリフトで吹き飛ばす。


一年前の熱戦が蘇るように、会場のボルテージも湧き返す。

前田がチョップ連打で反撃すると、コリスはニーリフトで報復。
そして、前田をコーナーに逆さづりにすると、ランニングニーリフトを食らわせる。


コリスの攻勢は続き、胸板へローキックを叩き込み、踏みつけてガッツポーズ。
さらに、ランニングローキックで倒した前田を踏みつけてフォールに行き、
返されると「(カウントが)遅い!」と叫びレフェリーにクレームをつける。



去年同様、攻勢のコリスは、執拗なスリーパーホールド、バックドロップで追い討ち。
そして、ミドルキックを放って行くが、前田が軸足を払ってダウンを奪い、ローキック連射、
フェイントからの低空ドロップキック、ミドルキック3連射、串刺しフロントハイキックに繋げる。


だが、コリスは前田が仕掛けたブレーンバスターを逆に投げ捨て、ヒップアタックで追撃。
しかし前田は、串刺しジャンピングニーアタックをかわしてコーナーへ激突させると、
すぐさまブレーンバスターで逆襲。そして腕固めを極めると、腕ひしぎ逆十字固めで追撃。



苦しくなったコリスは、エルボー合戦に持ち込むが、前田が張り手。
すると、コリスもやり返し、激しい張り手合戦が勃発。両者共にノーガードで何発も打ち合う。


だが、そこからコリスが張り手をブロックし、顔面パンチを食らわせる。
続いてダイビングヒップアタックを狙うが、前田が相手を掴んで阻止。
そのままバックドロップに移行して叩きつけ、最後はバックドロップホールドで昨年のリベンジを果たした。


最後は総選挙の1位と2位が抱き合って、終焉を迎えた。
 


Everyday、AKB48 メニュー一覧
日記・ブログランキング
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

フェロチカホーク男性用香水でアイドルもメロメロ





前田敦子 × 戸田恵梨香

前田敦子が胸を突き、戸田が殴り倒す。
戸田恵梨香がカウンターでテーズ・プレス。ヘッド・ロックで動きを抑えにかかる。
前田は殴りつけて逃れるとセカンド・ロープからドロップ・キックを狙う。

かわされるも近づいてきた戸田のタイツを引っ張り場外に落とす。ロープ越しにドロップ・キック。
プランチャへ。戸田がかわしショルダー・タックル。リングに戻しカバー。カウント2。

戸田が10カウント・パンチ。クローズラインで場外に落とす。鉄階段で横にしてのDDTを狙う。
前田が逃れ鉄階段に叩きつける。リングに戻しカバー。カウント2。

カウンターでスパイン・バスター。カウント2。戸田はぐったりしている。
戸田が振り返し前田をコーナーにぶつける。カウンターでショルダー・スルー。胸を殴りまくる。


前田がリバースDDTを狙う。戸田は逃れるとクローズライン連打からパワー・スラム。
ベリー・トゥー・ベリー・スラム。カウント2。



前田は戸田をロープに押さえつけるとロープ越しに殴りつける。
場外へのブレーン・バスターを狙う。戸田はヘッド・バッドを
叩き込み防ぐとターン・バックルにぶつける。
スーパープレックス。カバーしに行く。カウント2。殴り合い。


ここで戸田が押しEKOを狙う。前田がバックドロップに返そうとする。
戸田は防ぐと担いでネック・ブリーカー。カウント2。起こそうとする。

前田がバックドロップを狙う。
戸田が跳ね除けEKO(飛びつき式空中首切り落とし弾)を狙う。

前田は場外に避難。戸田が追ってきたのでリングに戻る。
攻防から戸田がロープで横にしてのDDT。
EKOをアピールし、フィニッシュへ。だが前田がリバースDDTに切り返し、フォールにいかず
バックドロップホールドへ。カウント3。WWWE王座防衛に成功。


するとここで防衛を祝うかのように、WWWEオーナーが登場。


続きはこちら



Everyday、AKB48 メニュー一覧
日記・ブログランキング
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

フェロチカホーク男性用香水で夏に向けて水着女をゲット!





長澤まさみ × 大島優子

長澤まさみが蹴りを受け止めアキレス腱固めを狙える体勢にしようとする。
コリスが場外で間をおく。コリスがバックに回った長澤にバック・エルボー。
長澤はコーナーに振り返すとブルドッグ。ロープに振りクローズラインを狙う。

コリスが場外に出て間を置く。リングに戻り突進。長澤が担ぎ上げる。
コリスは逃れるとフェイス・バスター。カウント2。

反撃しようとする長澤にフライング・コースクリュー・エルボー。カウント2。
コリスの体を支えに起き上がろうとする長澤に対し殴り飛ばす。


エプロンで起き上がった長澤はロープを使ったジョー・ブリーカー。リングに入り突進。
コリスがカウンターでクローズライン。長澤は中々反撃が出来ないでいる。
コリスが踊ってのレッグ・ドロップへ。長澤はかわすとフライング・ショルダー・タックル。


さらに長澤が攻撃を続けようとするが、コリスが逃れ変形スタナー。カウント2。突進。
長澤はかわすとアキレス腱固め。コリスが近くのロープをすぐ掴む。

蹴りを入れるとシザース・キック。カウント2。コーナー上へ。ダイビング・ヒップアタックにいく。
長澤は受け流すとそのまま担ごうとする。コリスが後ろに逃れフェイス・バスター。


長澤は何とかカウント2で返すと場外に転がり落ちる。
コリスは場外に下りると客とやり合う。長澤がその隙をついてコリスをリングに戻し
すぐさまジャンピングニー。しかしこれはカウント2


とどめとばかりに再度狙うが、コリスにかわされ、ローリングソバットを食らう。
隙とばかりにコーナー最上段へ駆け上がり、ジャンピングヒップアタックを
長澤の顔面に食らわす。一気に畳み掛け、なんとかカウント3を奪取!



キャリア15年、AKB48の大島優子が念願の若手女優世界王座を獲得。


Everyday、AKB48 メニュー一覧
日記・ブログランキング
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

フェロチカホーク男性用香水でコリスみたいな巨乳の子としたい



柏木由紀 × 武井咲

前回のPPVでIC王座を獲得した
ドラマ「アスコーマーチ」の武井咲


最近では事務所の猛プッシュもあり初の王座を獲得したが、試合前に挑戦者の
柏木由紀が「所詮事務所のゴリ押し。この試合の結果は決まったようなもの」とマイクアピール。


王者をいきなり馬鹿にして煽り、怒って突進してきた所を回避。
柏木がここでいきなりトーチャー・ラックを狙う。武井が慌てて場外に逃げる。
柏木は戻ってきた武井を殴り倒す。



武井はロープに逃げて間合いを取ると近づいてきた柏木に蹴り。
柏木が殴りつけクローズラインへ。武井がカウンターでサイド・スラム。カウント2。



しかしこの後、今回の総選挙で3位と躍進した柏木が主導権を握る。
コーナーの武井にビッグ・ブーツをかまし、そこからゆきりんスラムを狙う。

武井はニーをいれて防ぐと、アトミックドロップ。カバーするもカウントは2。
武井は信じられない表情。さらにここで必殺技であるクラッチの位置が
通常のリバースフルネルソンよりも深く、相手の腋の下から腕を通してからの
フューチャーショックDDTへ。これを柏木が受け止めるとボディ・スラム3連発。

さらには旋回式ブレーンバスターを狙うが、持ち上げられた時に
武井がサミング。視界を失った柏木に電光石火のフューチャーショックDDT。


これで3カウント奪取で、武井が初防衛に成功するも、フラフラになりながら花道を引き揚げていく。


Everyday、AKB48 メニュー一覧
日記・ブログランキング
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

フェロチカホーク男性用香水で口説くなら、ゆきりんみたいなエッチな体の子が良い?



篠田麻里子 × 高橋みなみ

スペシャルシングルマッチとして開催される第4試合。


ともにAKB48の1期生同士の対戦!


高橋みなみの動きに篠田麻里子は落ち着いて対処。
たかみながドロップ・キックを決めロープにもたれさせる。相手の蹴りをかわすべく
エプロンに出た麻里様を蹴り落とす。エプロンから跳びテーズ・プレスを狙う。

麻里様がフェンスへのスタンガンに切り返す。リングに戻しカバー。カウント2。
麻里様が腰を中心に攻めて支配する。たかみながハリケーン・ラナでロープにもたれさせロープに走る。


麻里様がカウンターでクローズライン。カウント2。たかみながカウンターで
ドロップ・トー・ホールドを決めターン・バックルにぶつける。コーナー上に飛び乗る。

麻里様は脚を払って逆さ吊りにするとドロップ・キック。カウント2。
たかみなは肩車される状態になると回転して相手を場外に落とす。ムーンサルトを決める。


リングに戻すとダイビング・ヘッド・バッド・アタック。カウント2。
セカンド・ロープから跳びクロス・ボディへ。麻里様が体勢を入れ替える。カウント2。


丸め込みの攻防からたかみなが側頭部を蹴り飛ばす。カウント2。コーナー上へ。
麻里様が捕まえ雪崩式バック・ドロップ。カバーしに行くもカウント2。
反対コーナーのたかみなにハイ・ニー。突進するもかわされ鉄柱に激突。


たかみながコーナーにもたれた麻里様に変則スライディングキック。
場外に転落した麻里様をリングに戻すとダイビング・ボディ・プレスへ。
麻里様が両膝を突き立てて迎撃。カウント2。ならばとビックブートを狙う。

たかみながハリケーン・ラナに切り返す。麻里様がカウント2で返しハイ・キックへ。
かわされるも二段目がヒット。カウントは2。もう1度麻里様が技を狙う。
たかみながアーム・ドラッグに切り返しロープにもたれさせる。


麻里様がたかみなの脚をキャッチしてドラゴンスクリュー。
さらには④の字固めでギブアップ勝ち。


勝負タイムは20分。
実に内容の濃い試合展開であった。

Everyday、AKB48 メニュー一覧
日記・ブログランキング
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

フェロチカホーク男性用香水で口説くなら、たかみなみたいな可愛い系、麻里様みたいなモデル系?



堀北真希 × 小嶋陽菜

前回のPPVで開催された若手女優世界王座戦で小嶋陽菜の乱入に遭い、
王座戦で敗れてしまった堀北真希


ドラマ「生まれる。」では迫真の演技を見せるものの、対する小嶋も
今夏同じTBS(しかも同じ金曜夜10時の時間帯)で「美男(イケメン)ですね」での
レギュラー出演が決まっている。



王座戦でのリベンジとともに、女優としての枠も問われる意味のある一戦。


小嶋が入場とともに持ってきたケースを前に掲げ
「お前なんか何とも思わない」と言葉をかける。しかしそれまでうつむいて黙っていた
堀北が蹴りかかる。場外に逃げる小嶋を追いリングに戻ってくる。

クローズラインをかわすと殴りつけていく。
レフェリーが引き離した隙をつき小嶋が攻撃。

しかし堀北にはあまり効いていない様子。

ダウンはするが攻撃をしても、すぐにムクッと起き上がる様子を見て
小嶋はふらついて拳を振るも空振り。ここで堀北がDDT。


さらにはコーナーから振りかざした拳を脳天に叩きこむ。これはカウント2。

小嶋が反撃するも突進をかわされ鉄柱に激突し転落。
堀北は後を追うように場外に下りるも蹴り飛ばされる。


場外戦の後、堀北が小嶋をリングに戻しカバー。カウント2。
小嶋は油断してパンチを食らうもすぐにスリーパーを決めて倒す。

起き上がった堀北にリバースDDT。カウント2。小嶋が攻めていく。


堀北が小嶋をコーナーで逆さ吊りにしてスライディング・キックへ。
さらにツームストンの体勢にかかるも、小嶋が全身を揺らして回避。

視界をさえぎられた堀北めがけて、小嶋がスピアーからマウント・パンチ。
ターン・バックルにぶつける。もう1回。スパイン・バスター。カウント2。
近づいた所を場外に落とされるもロープ越しに蹴り。

場外に出た堀北をフェンスなどにぶつける。
さらにはリングに先に小嶋が戻り、後から来る堀北にケース攻撃を狙うも
レフェリーに止められる。だが背後からその隙を突いて宮澤佐江が堀北にDDT。


技を決めた後、サっとリングを降りて逃げていく。
レフェリーはこれに気付かず、小嶋が堀北をフォールし、カウント3。



総選挙では6位と中間発表から巻き返した小嶋が勝利。




Everyday、AKB48 メニュー一覧
日記・ブログランキング
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

フェロチカホーク男性用香水でこじはるみたいな子と仲良くシタい



板野友美 × 北川景子

第2試合では、すっかりWWWEの顔のひとりでもある北川景子
第2回総選挙では4位と好発進であった板野友美とシングルマッチで対戦。


AKB48のメンバーで今年の1月、誰よりも先にソロデビューを果たした板野。
その勢いがそのまま試合に表れるように、果敢に攻めの応酬を見せていく。


若手女優の顔である北川の調教を目論む板野だったが、映画「パラダイスキス」でノリノリの
北川が胸板に強烈な連続逆水平チョップをぶち込むと、グーパンチの応酬。


さらにチョップなどで畳み掛け、年季の入った小包固めで3カウントを奪取。


試合に要した時間はわずか7分足らず。



「得意技のスワントーンを出すまでもない」と必殺技を封印しての完勝劇にも、
「AKB48主催の大会であることはすっかり忘れてた」とあくまで無欲。



WWWE内で選手として活動できるのもあと僅かと限られているひとりだが、
ますますキャリアに脂の乗ってきた北川に篠田麻里子も「あれがベテランの重み。
あれは返せない。今回の選挙で8位に後退した意味もわかった」とレジェンドの歴史の重みを評価していた。



Everyday、AKB48 メニュー一覧
日記・ブログランキング
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

フェロチカホーク男性用香水でともちんや北川系のギャルをゲット








松井珠理奈(14位)・渡辺麻友(5位 王者組) × 成海璃子・川口春奈

2011年の選抜総選挙では14位の松井珠理奈
(ske48)と5位の渡辺麻友(AKB48)の王者組。


対する挑戦者はBOSS2の成海璃子
と映画「もしドラ」の川口春奈



成海がまゆゆをロープに飛ばすと逆にショルダー・タックルで倒す。
タッチして入った川口をまゆゆが地獄突きで倒す。

低空ドロップ・キックから交代するも再びリングに入った所で川口が捕まる。


まゆゆが川口にスープレックスを狙う。成海が入ろうとして注意をそらす。
川口がそこにハイ・キックを決めて逃れる。レフェリーの注意をそらしている隙に
場外のまゆゆを攻撃。孤立させる事に成功する。


ここで川口がコーナーへのハイ・ニー。ブルドッグを狙う。それをまゆゆが押し飛ばし、
その先のじゅりながKOパンチを狙う。川口は直前で踏みとどまりなんとか防ぐ。
なかなか交代できないじゅりなが焦りを感じ出す。


交代した成海がパワー・スラム。カウント2。
さらにはロールオブリコ(逆エビ固め)にいこうとするが、まゆゆは逃れると
下からのキックで成海から逃れる事に成功。


なんとかじゅりなにタッチして、HBKばりのダイビング・エルボー・ドロップ。
その後もじゅりなが成海を勢いよく攻め立てる。

ブレーンバスターからの落下式を狙う。飛びかかってきた川口を背負い投げ。
さらにまゆゆがクローズラインで川口を追い出す。

ここで試合権利のあるじゅりなが成海に落下式ブレーンバスターを決め、
まゆゆがコーナー対角線からのトラースキックで成海からカウント3を奪取。


マジすか学園2の王者組が防衛に成功する。


Everyday、AKB48 メニュー一覧
日記・ブログランキング
どこよりも高還元!ポイントサイト『ドル箱』

フェロチカホーク男性用香水でまゆゆ級の女ゲットだって!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。