スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JUDGEMENT DAY 2013

5月25日開催 WWWEのPPV 対戦カード

・若手女優王座戦

吉高由里子 × 能年玲奈 × 夏菜

・WWWE王座戦

本田翼 × 大島優子(AKB48)

・IC王座戦

小嶋陽菜(AKB48) × 有村架純

・ハンディキャップマッチ

西内まりや × 剛力彩芽 惣那汐里

・US王座戦

入山杏奈(AKB48) × 橋本愛

・タッグマッチ

板野友美 河西智美 × 小野恵令奈 川島海荷

・シングルマッチ

瀧本美織 × 黒木メイサ

・WWWEタッグ王座戦

山本彩 渡辺美優紀(NMB48) × 夏帆 真野恵里菜


スポンサーサイト

吉高由里子 × 能年玲奈 × 夏菜

若手女優王座

3人による王座戦は、先に誰か1人を救急車内へ入れた者が
チャンピオンとなる特別ルール。

試合開始のゴングが鳴ると同時に、能年玲奈夏菜
王者の吉高由里子を攻撃。

吉高は逆上して夏菜をフロアへ放り出すと、
夏菜は実況テーブルの角に頭をぶつけて場外でダウン。

実況テーブル上を一掃し、能年を背中から実況テーブルへ投げつけ
実況ブースを完全に破壊してしまった。
吉高が能年をリングへ押し込む。

だが少しいたぶった後、吉高はすぐに能年をフロアへ叩き出し、
救急車が待つフロアへ戦いの舞台を進めたが、
能年は吉高を救急車に叩きつけて反撃。

車内からおびただしい数の松葉杖をフロア上へばら撒いた。
吉高は、開かれたドアに叩き込まれ、ドアが外れてしまうと、
能年はドアを拾って吉高に叩きつけて攻撃した。

しかし、吉高は反撃に転じて能年をボンネットに投げつけ、
さらに救急車のボディ・フェンダー部分を引き剥がして能年を殴りつけた。
能年は負けじと吉高をボンネットへ投げつけると、
救急車をよじ登り、赤色灯を外して吉高を殴打、
吉高は松葉杖を手に救急車をよじ登ったが、能年に迎撃されてしまった。

能年は飛びかかろうとした吉高を肩口に担ぎ上げ、水車落としを敢行。
すると吉高は救急車の天井を突き破って救急車内へ転落。
能年が試合を決着させて新王者となり、ベルトを手にリングへ戻ると、
そのベルトを頭上に掲げて王者健在をアピール、
サイレンを鳴らして走り去る救急車を見送った。

JUDGEMENT DAY 2013 メニュー

シトルリンXLプレミアムでショートカット美人にたくましい下半身を


本田翼 × 大島優子(AKB48)

WWWE王座

試合が始まると、大島優子本田翼が攻撃を仕掛ける度
フロアへ下りて距離を置く戦術を展開。本田を恐れているというより
細心の注意を払って試合に臨んでいるようだ。

大島は打撃攻勢で活路を見出そうとするが、フロアへ落ちた時に頭を打ち、
さらに本田に頭から実況テーブルへ叩きつけられるなど、苦戦を強いられた。

大島は立ち上がって猛反撃に出たが、フォールを返されるたびに
顔を押さえてもうろうとしている。本田は、リングに戻ろうとした
大島の頭を一蹴、さらに何度も頭へのストンプ攻勢に出た。

大島は、本田に動きを封じ込められていたが、体勢を切り替えてスリーパーで反撃。
しかし、本田は大島を頭からコーナーへ叩きつけ、フィニッシュを狙ったが、
大島はカウンターのネックブリーカーを敢行、しかし本田はカバーを返した。

大島は、その後もバック・スープレクッスで投げ落とされながらもカバーを返したが
エプロン上で本田の痛烈なキックを浴びてフロアへ落ちてしまった。

何事も無かったかのようにすぐに大島は試合に戻るが、背後から本田が一蹴、
その後、再び大島をリングへ押し戻した。

本田は渾身のキックを大島に打ち込むが、大島は3カウントを許さない。
客席は、本田の非情なまでの頭部攻撃に拒絶反応を示しはじめている。
本田がファンに向けて余裕をアピールした直後、
大島は渾身のヒップアタックを敢行したが、その後立ち上がれない。

本田は狙いすましたかのうに痛烈なローキックを大島の頭部に叩き込み、
ピンフォール勝ちを収めた。

本田はステージでWWWE王者の防衛を祝福しろとアピールしたが、
会場のファンはブーイングで王者の勝ち方を批判した。

JUDGEMENT DAY 2013 メニュー

シトルリンXLプレミアムでカワイイあの子を惚れさせてやるって



小嶋陽菜(AKB48) × 有村架純

IC王座


試合は両者がそれぞれ己のプライドを誇るかのように、
古典的なレスリングの攻防でスタート、一進一退の攻防で序盤が展開された。


小嶋陽菜は5分が経過したあたりで有村架純をフロアへ叩き出し
突破口を見出したように見えたが、有村はスプリングボード系の攻撃を仕掛けた
小嶋を迎撃、場内のファンを大きく沸かせた。

有村は最上段からの攻撃を仕掛けると、小嶋の左腕を奪って動きを封じに出た。
しかし、小嶋は有村の攻めを巧みに流しながら応戦。
一度はフライングボディアタックをかわされたが、ヒザ蹴りを命中させて
ファンにアピールした有村の攻撃をかわしてボディアタックで仕留めた。


小嶋は、リング中央でこじはるカッターを敢行、
有村はロープへ逃れず体勢を切り返し、小嶋によじ登るように
フォールを返しながらコブラツイストへ持ち込み、
さらに小嶋にグラウンドの体勢を強いて押さえ込んだが、小嶋はロープへ逃れた。

有村は、満を持したかのようにフィニッシュをアピール、
小嶋は強引に抜け出してラリアットを狙ったが、
有村は再度抱え上げてみちのくドライバーを狙った。

しかし、小嶋は強引に丸め込みを敢行、
有村は慌てて返すと小嶋に一撃を浴びせた。
有村が小嶋を引き起こそうとしたところで、
小嶋はリバースネックブリーカーを繰り出しカバー。
有村に返されると猛打を浴びせた。

すると有村は負けじと猛打で応戦、ヒザ蹴りを叩きこむと
最上段からダイビング・エルボーを投下、しかし小嶋は敗北を認めない。
有村は"もう一丁!"と絶叫するファンを見ると、
小嶋を引き起こして2発目のエルボーを狙った。

有村は回避した小嶋をフロアへ落とすと、捨て身のダイブで小嶋を仕留め場内を沸かせた。
有村は最上段から攻撃を仕掛けたが小嶋はミドルキックで迎撃に成功、
ダブル・ノックダウンとなった。小嶋がカバーに入ったが、有村も敗北を拒絶。
小嶋は再度、猛然と殴りかかり、立てなくなった有村に
ショートレンジのラリアットを仕掛けようとしたが、有村は丸め込みで抵抗した。

両者はパンチ、チョップの応酬を展開。有村はサンセットフリップを狙ったが、
小嶋は有村を捕まえてショートレンジのラリアットへ持ち込んだ。
ところが有村はよけて反撃、小嶋を殴りつけてみちのくドライバーを敢行
一撃を叩き込まれた反動でロープにぶつかり、
戻ってきた小嶋にだめ押しのみちのくドライバーを打ち込み、
20分を超える激闘に終止符を打った。


JUDGEMENT DAY 2013 メニュー

シトルリンXLプレミアムでムチムチ美女を惚れさせてやるって


西内まりや × 剛力彩芽 惣那汐里

先月行われた本田翼剛力彩芽の王座戦に
惣那汐里が乱入し、1対2の状況に。

ここで本田の救出に入ったのが、西内まりや
そのせいで剛力の王座奪取に失敗したと、剛力と惣那は番組GMに抗議。

その結果、今回のPPVでハンディキャップ戦が組まれた。

剛力と惣那が、それぞれのテーマでひとりずつ入場。
その後、西内のテーマ曲がかかると、会場は一気に総立ち。異様な盛り上がりをみせる。

試合が始まると、剛力と惣那が先制攻撃を仕掛けようとするが、
これに対しひとりの西内は両手をひとつにしたハンマーで
立ち向かってくる2人に対し、ひとりひとり倒していった。

相手が起き上がっては倒し、起き上がっては倒しの繰り返しで
「what!what!」コールが起こり、さらに会場が盛り上がる。

しかし、チームオスカープロモーションが西内が疲れてきたのを
見計らって、次第にペースを作りながら反撃を仕掛けていった。

しかし剛力は優位に立った途端に慢心して西内への反撃を許し、フロアへ転落。
西内は惣那を攻め立て、動きを封じ込んでいった。
しかし剛力が戻って西内に2人がかりで猛攻を展開。

惣那は、西内の反撃を封じて足4の字固めを敢行、
あわやギブアップかと思われたが、間一髪でロープエスケープ。

剛力は怒って西内を仕留めようとしたが、西内はこれをかわし
助走をつけたタックルで迎撃、がここで武井咲が乱入して妨害。

つかんでいたペースを狂わそうとするが、本田翼が助けに入り、
武井を追い出す。両者は場外戦へ。



惣那は再び、4の字固めで仕留めようとしたが、西内がキックアウト。
剛力がリングに入ってきて妨害をこころみるも、西内がかわして惣那と衝突。

その隙に剛力にエクスプロイダーを食らわせ、続けて惣那にも
エクスプロイダーを敢行し、すぐに押さえ込んで3カウントを奪取した。


勝負が決まると、反撃から逃げるかのように、西内はリングを後にし、
花道で倒れこみながら、リングの方を見ていた。

観客からは勝利を祝うかのように、西内へ缶ジュース(?)のようなものが投げ込まれ
それをキャッチしてはグビグビ飲んでの繰り返しで、花道を後にしていった。

JUDGEMENT DAY 2013 メニュー

シトルリンXLプレミアムでモデルな美女を惚れさせてやるって


入山杏奈(AKB48) × 橋本愛

US王座

試合が始まると、積極的に先制攻撃を仕掛ける挑戦者の橋本愛に対して
入山杏奈がテクニックでねじ伏せる展開となった。


橋本は序盤の数分間攻め続けられたが、低空ドロップキックで活路を切り開くと
入山の下肢への集中攻撃で反撃、入山から直立姿勢を奪った。

入山はレッグホイップで足を痛めつけられながらも最上段からの攻撃を狙ったが
橋本はこれをかわすと逆に自ら最上段から入山へ攻撃を仕掛けた。



入山も負けじと抵抗、余裕を見せてオールドスクールを仕掛けようとした
橋本を落として反撃、チョークスラムを仕掛けようとしたが、
橋本はフロアへ逃げるふりをして入山をロープへ叩き落とした。

入山はリングサイド戦に持ち込もうと、実況テーブルを破壊して攻め込もうとしたが
橋本はフロア上で入山を痛烈なDDTに仕留めた。

休む間もなく、入山をヘッドロックで仕留め、そのままキャンバスに叩き落として
橋本がフォール勝ち。新王者となった。


JUDGEMENT DAY 2013 メニュー

シトルリンXLプレミアムでハーフ美女を惚れさせてやるって


板野友美 河西智美 × 小野恵令奈 川島海荷

試合開始のゴングが鳴る前から、河西智美と小野恵令奈は臨戦態勢モードに突入。
共に先発を買って出ると、激しくエルボーを打ち合い、ブレークしようとしたレフェリーを
小野が突き飛ばす。

河西は小野の頭部にナックルを打ち込むと、左腕を締め上げるが、
小野もソバット、ハイキック、インディアンデスロック。


5分経過。小野は河西に打撃を連発するも、河西も頭突きで対抗。
川島海荷板野友美にキックを放ち、エルボー合戦から板野が低空ドロップキック、
ワンツーエルボー。カウント2。


板野はうみにーの顔面を鉄柱にぶつけ、鉄柵攻撃からエプロンに寝かせて
河西がニードロップ。リングに戻し板野がストンピング、踏み付け攻撃。


10分経過。板野はうみにーにビットからファンネルを狙うが、うみにーがブロック。
先ほどのお返しとばかりに場外で小野が痛めつけると、助けに入った河西にも攻撃。

リングに戻った板野にうみにーがニードロップ、小野がコブラツイスト。
さらに小野は顔面を踏み付け、張り手を打ち込むと、
うみにーがハイキック、ドロップキック、アームロック。


15分経過。小野が板野にキックのコンビネーションを見舞うと、
板野もエルボーで反撃。河西はドロップキックでうみにーを場外へ落としてから、
小野に串刺しエルボーを連発し、ミサイルキック。カウント2。


ならばと腕十字固めを仕掛けるも、これはニアロープ。すると河西は腕へのミサイルキック。
しかし、小野もカウンターのキックでダウンを奪い、ヒザ蹴りでダウンさせて、
観客をあおりながらの顔面ウォッシュ連発。


20分経過。小野は河西に脇固めを狙うが、河西が切り返し板野がカット。
逆に板野が腕十字を仕掛けるも決まらず。


チームAKB48は同時ドロップキックでうみにーを場外へ追いやると、
河西が小野をつかまえてアサルトポイントを繰り出すが、小野が切り返して脇固め。
板野はうみにーに腕を決められてカットに入れず。


それでも河西は自力でロープにエスケープする。ならばと小野は河西にローキックを連発し
うみにーがミサイルキックを狙うも、かわされて自爆。小野は場外へ転落。


この隙に板野と河西は、二人掛りでうみにーに、スーパーパワーボムを浴びせて勝利した。



JUDGEMENT DAY 2013 メニュー

シトルリンXLプレミアムでたくましい下半身を育てよう





平嶋夏海のプロフィール、画像、水着、写真集、DVD

平嶋夏海


 このページでは平嶋夏海の活動履歴について紹介をしています。


 ▼平嶋夏海のプロフィール

 1992年5月28日生まれ。血液型はO型
 東京都出身。身長154cm。プロダクション尾木所属。
 女性アイドルグループAKB48の元メンバー。

 2005年12月にAKB48第1期メンバーとしてデビュー。

 2009年1月には「渡り廊下走り隊」としても活動を開始。
 2009年~2011年に行われた総選挙では、3年連続26位を記録。

 2012年2月、AKB48メンバーとしての活動を終了。
 2012年7月、芸能活動を再開。
 2013年の総選挙では、62位を記録し、卒業メンバーから唯一のランクイン。





 平嶋夏海オフィシャルブログ
 http://ameblo.jp/hirajima-official/


 ▼WWWEでのキャリア

 現在はLAW所属。


 シトルリンXLプレミアムでムチムチ美女とベッドインしよう 
















女優 |

瀧本美織 × 黒木メイサ

試合開始のゴングが鳴ると、瀧本美織はにらみつける黒木メイサ
投げキスを見せて挑発、黒木は逆上して襲いかかり、
瀧本を実況席へ放り込んで場内を沸かせた。
瀧本はリングへ押し込まれて殴りつけられたが、
一旦フロアへ逃げ出し、リングへ戻ると、追ってきた黒木をキックで一蹴。
試合の流れを変えた。


黒木は、数分の間瀧本の攻めに苦しめられ、何度も押さえ込まれたが
キックで突破口を見出して反撃に転じた。瀧本は黒木の背中にからみついて
絞め技を狙ったが、黒木は膝へ落とすバックブリーカーで動きを封じ込めた。

瀧本はリングから逃げ出そうとしたが、黒木に足を掴まれて引き戻されると
黒木を跳ね飛ばしてダブル・ノックダウンへ持ち込み、
黒木を押さえ込んだが、返されると奇声を上げて悔しがった。
そして、最上段から黒木へ飛びかかった。

黒木は瀧本をキャッチ、投げようとしたところでジャンピングDDTの体勢を狙うが
強引に外されそうになる。だがここで抱え落とし、トラースキックで瀧本を仕留めた。
ところが、すぐに押さえにいかず、瀧本を抱き起こして投げキスを返して
押さえ込んだことで、返されてしまった。

瀧本は、再度抱え上げられたが脱出、コーナーに追い詰められながらも、
コーナー最上段へ逃れて黒木のタックルをかわし、
攻めてきた黒木に飛び移ってフランケンシュタイナーで3カウントを奪った。


JUDGEMENT DAY 2013 メニュー

シトルリンXLプレミアムでショートカット美人を惚れさせてやるって


山本彩 渡辺美優紀(NMB48) × 夏帆 真野恵里菜

試合は真野恵里菜渡辺美優紀でスタート、
両者は序盤から激しいぶつかり合いを展開して、それぞれがパートナーにつないだ。
夏帆はロープDDTを妨害しようとした渡辺をDDTで沈めると、
山本彩もロープDDTで沈めた。夏帆は続けてアルゼンチンを狙おうとしたが
山本はフロアへ下りて逃れた。

夏帆は、ロープから半身を出して山本を追撃しようとしたが、
渡辺の一撃を浴びて落ちてしまった。この間、レフェリーは交代しようと
身を乗り出した真野に注意を与えていてNMB48の動きに気づかなかった。


夏帆はNMB側コーナーで孤立を強いられてしまった。

夏帆は数分間攻め立てられたが、NMB側のダブル攻撃をかわして
真野との交代にこぎつけた。真野は猛攻でNMBの2人を
交互に攻撃、交代した渡辺にキックの連打を浴びせかけて
フロアへ駆逐、乱入した山本もフロアへ落とすと、
捨て身のダイブを敢行。ところが、バリケードにもたれながら、
やっとのことで立ち上がった夏帆に命中してしまった。

渡辺は、この混乱に乗じて攻めに出たが、
真野はNMB48のダブル攻撃を分断、山本をダブルアームの
スーパープレックスで投げ放った。カバーを返され、さらに渡辺の妨害を退けると
ノー・ロックで山本を捕獲、しかし渡辺が飛び込んでホールドを切り崩した。

渡辺が雄叫びを上げてスピアーを狙おうとした時、
夏帆がリングに入ってアルゼンチンバックブリーカーで
渡辺を仕留めようとしたが、突き飛ばされる。
夏帆は、突き飛ばされた先に立っていた真野との衝突を回避したものの
真野は渡辺渾身のスピアーで貫かれてしまった。

夏帆は渡辺をラリアットで倒すが、山本に叩き出されてしまった。
山本は、やっとのことで立ち上がった真野をロープに振り
渡辺がスラップジャックの要領で上空に放り上げて足を掴み、
山本が真野の頭部を空中でキャッチしダイヤモンド・カッターの基本形に移行し
マットに叩きつける「カモネギックス」でピンフォール勝ちを収め、タッグ王座を守った。


JUDGEMENT DAY 2013 メニュー

シトルリンXLプレミアムでカモネギックスな恋しようぜ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。