スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


能年玲奈、有村架純、橋本愛 × 新垣結衣、川島海荷、小野恵令奈

LAW2013 #18

6人タッグトーナメント 2013一回戦のカード。
能年玲奈有村架純橋本愛
新垣結衣川島海荷小野恵令奈と対戦。


先週は若手女優世界王座をかけて対戦した能年と新垣。
激しくタックルでぶつかり合い、新垣がダウンを奪う。橋本がキックを連発し、
エルボー合戦から新垣がドロップキック。有村がローキックで続くと、
新垣がアキレス腱固めに出るが、これは川島がカット。


代わった川島に有村が串刺しラリアット。
さらに橋本がエルボー、対する川島も低空ドロップキック、ヒザ固め。
橋本が回避して、川島にスリーパー。



5分経過。川島がスリーパーを回避して、橋本にドロップキック。
交代した小野が橋本に串刺しニー。エプロンから川島が橋本に延髄斬り。


しかし橋本が川島に負けん気のラリアットで場外に吹っ飛ばす。
小野が橋本に逆水平チョップ、頭突き。


橋本はコーナーに吹っ飛ばされ、能年にタッチ。

能年がすかさずラリアット、ブレーンバスター、逆エビ固め。
フォールするも、これは新垣がカット。



能年がブレーンバスター、コーナーから有村がギロチンドロップ、
能年が小野にニーを打ち込み、フォールするがカウント2。


攻撃を回避し、小野が川島にタッチ。

代わった川島に対し、能年がダイビングボディープレス。カウント2。
川島もオリンピックスラムで意地を見せると、能年はこれを返す。


凄まじいラリアットの相打ちから能年がラリアットを振り抜くも、カウント2。
ならばと豪快なジャーマンでトドメをさした。

シトルリンXLプレミアムでモテチャンピオンになろう




スポンサーサイト

PPV HEART ELEKING

10月20日開催 WWWEのPPV 対戦カード



・WWWE王座戦

本田翼 × 堀北真希


・若手女優世界王座戦

能年玲奈 × 新垣結衣



・若手女優世界王座次期挑戦者決定戦

戸田恵梨香 × 大島優子(AKB48)


・IC王座戦

西内まりや × 桜庭ななみ


・US王座戦

橋本愛 × 高月彩良


・シングルマッチ

前田敦子 × 桐谷美玲


柏木由紀(AKB48) × 川口春奈


・WWWEタッグ王座戦

橋本奈々未 白石麻衣(乃木坂46) ×武井咲 剛力彩芽


本田翼 × 堀北真希

WWWE王座

本田翼に挑戦する掘北真希
王座奪取に成功すれば、WWWE史上6人目のグランドスラム達成となる。


堀北がロープに押し込むと本田はヘッドロック、ショルダー。
だが堀北は跳ね返すとエルボードロップ。これは本田がかわす。
堀北は力比べでも圧倒すると、片足タックルをつぶしてのしかかる。
エルボーの打ち合いから堀北がエルボードロップ、場外へ落として張り手。

本田もエルボーでやり返すと、堀北のタックルをかわして鉄柱に誤爆させる。



5分経過。本田がロープ越しにエルボー、万力スリーパー。
リングに戻った堀北に顔面蹴り連発。堀北もエルボーで返すが、本田が逆水平チョップ。
「投げるぞ、おい」のアピールからキッチンシンク、スリーパー、延髄斬り、スリーパー、
串刺しラリアット、DDT。これを堀北はカウント2で返す。



本田は堀北を投げようとするが、抵抗され投げられず、堀北が旋回式スクラップバスター。



10分経過。堀北がエルボードロップ。ボディープレスはかわして本田がエルボー連打から
飛びついての万力スリーパー。だが、バックに回ったところを堀北がコーナーで押し潰す。

本田はコンプリートショット、逆水平チョップ、ドロップキック。
堀北は場外へエスケープするが、そこへトペスイシーダで飛び込むが堀北は倒れず。


リングに戻り、本田がラリアットでなぎ倒すも、カウント2。
アンクルホールドは堀北が蹴りで阻止するが、本田はジャーマンの体勢へ。

これは堀北が切り返してエルボードロップ。カウント2。
堀北は不敵な笑みを浮かべるが、そこへ本田がベリートゥーベリーからスリーパーへ。




15分経過。堀北は顔面を紫色に変色させながらも、スリーパーを必死に耐え、
カバーをカウント2でクリア。すると堀北は再びスリーパーで捕獲するが、
堀北は雄叫びを上げながら立ち上がり、本田を担ぎ上げてバックドロップ。


さらに串刺しプレス、ボディープレス、ノド輪落とし、ボディープレス連発。カウント2。
ここで掘北は手をクロスさせてフィニッシュ予告を出すが、
背後からはなんと小嶋陽菜が襲撃。


先月獲得した若手女優世界王座挑戦権を行使するよう、レフェリーに告げ
ここでトリプルスレッドマッチへの変更ゴングが鳴らされる。


堀北を担ぎ上げてバックフリップ。最後は倒れこむようなラリアットで
堀北から3カウントを奪取し、新王者となった。


本田翼はフォールされずに王座から陥落した。



HEART ELEKING メニュー

シトルリンXLプレミアムで勝ち組になろう



能年玲奈 × 新垣結衣


若手女優王座

能年玲奈が遂に事務所の先輩でもある
新垣結衣との防衛戦を迎えた。


試合が始まると、能年が新垣から距離を置いたかと思いきや攻め込むという、
緩急織り交ぜた戦術を展開。さらにリングサイドでの無慈悲な攻勢で新垣を苦しめた。


新垣は痛みのある弱点を責め立てられながらも自身のペースへ持ち込み、
得意の攻撃パターンで畳みかけるが、能年は決定打を出させず粘り強く対抗した。

能年がいくら攻め込み、押さえ込んでも新垣はレフェリーに3カウントを叩かせない。

能年はついにアームブリーカーで新垣を仕留めに出たが、
STFで切り返して能年からギプアップを狙う。



しかし能年はロープに逃れて新垣に劣らない粘りをファンに見せつけた。
そして、再度アームブリーカーを狙い、ついに新垣を仕留めた。



ところが新垣は、技を仕掛けられた状態で立ち上がると、
能年を持ち上げ、投げ放ってホールドを解いた。


能年は、なおもアームブリーカーで食い下がろうとしたが、
3度目の攻撃を読んでいた新垣は、すばやく能年をかわし、
ファイヤーマンズキャリーの体勢から持ち上げて能年をマットに叩き沈め、
ピンフォール勝ちで王座を奪取。観客と勝利の喜びを分かち合った。



HEART ELEKING メニュー

シトルリンXLプレミアムで毎日ビンビンに



戸田恵梨香 × 大島優子

AKB48の大島優子戸田恵梨香
2年半ぶりのシングルマッチで激突。

両者はSPECで競演し、この試合には11月開催PPVの
若手女優世界王座の挑戦権がかかっている。


ゴングと同時に激しくタックルでぶつかり合うと戸田が早くもラリアット連発から
EKO(空中首切り落とし弾)を狙いに行くが、大島が逆にバックドロップ。

強烈なエルボーでダウンを奪い、場外へ連れ出してDDT。さらにイスに座らせ、
お得意のヒップアタックで突っ込んでいく。


リングに戻った戸田を大島が踏み付け、サーフボードストレッチから
ボディープレス、スカッドミサイル。


5分経過。戸田がコーナーに上がり、フライングラリアット。
さらにストラングルホールドで捕獲すると大島は苦しげな表情を浮かべながらも耐える。


立ち上がった大島は気迫のこもったラリアットから
バックドロップで投げ捨てるもカウント2。
戸田はならばと強烈なEKOを決めるが、ダメージのせいでカバーには入れず。
両者ダウンでカウントが進み8で両者立ち上がる。



10分経過。額を突き合わせた両者は、互いにラリアットを打ち合い大島がバックドロップ、
戸田がラリアット。カウント2。戸田は延髄、正面に立て続けにラリアットを打ち込み、
豪快なEKO。それでもカウントは2。ならばと戸田はトドメのDDTからのEKOで仕留めた。



HEART ELEKING メニュー

シトルリンXLプレミアムでレッツセックスライフ



西内まりや × 桜庭ななみ


IC王座



張り手からミドルキックの応酬となり西内まりやがキックを狙うと、
桜庭ななみがかわしてブレーク。ロックアップから西内がヘッドロックでとらえ
ハイキックを打ち込むと桜庭もエルボーで呼応。
ハイキック合戦から桜庭がジャーマンで投げ捨て、サッカーボールキック。


5分経過。桜庭が場外で西内を鉄柵に振り、本部席めがけてニークラッシャー。
さらにエプロンにヒザを打ち付けると、リングに戻してヒザ固め、ドラゴンスクリュー、
ヒザへのストンピング。だが西内も突進してきた桜庭を鉄柱に激突させ、
場外で顔面を鉄柱にぶつけると、ローキック、アッパー。



10分経過。西内がエルボードロップ、首4の字固め、ミドルキック。
桜庭もエルボーでやり返すと、ターンバックルに西内をぶつけて串刺しハイキック、
ブレーンバスターから「行くぞ!」と叫んでミサイルキック。さらに足4の字固めでとらえると、
西内は懸命にロープエスケープする。


エルボー合戦から桜庭がローキック、西内がニーリフト。



15分経過。西内がSTFで捕獲し、ミドルキックの打ち合いから桜庭がスープレックス。
さらにハイキックで場外へ落とし、エプロンからランニングキック。
花道に連れ出し、階段を上がってステージ上でブレーンバスターを狙うも、
西内に抵抗されたため、ミドルキックを炸裂。場外カウントが進んだため、
もみ合うようにしながらリングに戻る。


20分経過。西内は場外で桜庭の突進をかわして鉄柵に激突させると、鉄柵の上に引っ掛け、
トップロープから桜庭めがけてフットスタンプ。桜庭はカウント16でリングに戻るも、
西内はミサイルキック、ドロップキック、ダイビングフットスタンプと怒とうの攻めを見せると、
セカンドロープに引っ掛けてのDDT。さらにヒザ蹴りを入れてフォール勝ち。



HEART ELEKING メニュー

シトルリンXLプレミアムで絶倫時代を迎えよう



橋本愛 × 高月彩良

US王座


橋本愛はリングインと同時にコスチュームを着たままラリアット。
さらに上を脱いでバックドロップ2連発をかますが、キックはかわされ、
高月彩良は場外へエスケープ。


リングへ戻った高月がヒザ固め、足4の字固めを仕掛けると、
橋本がひっくり返すが高月がまた戻す。

高月がミドルキック、エルボー連打、ランニングキック、低空顔面ドロップキック、
ブレーンバスター、STF、ミドルキック。

橋本もラリアット、張り手を打ち込むが、高月がキックで倒す。
橋本がラリアット、高月がハイキックでやり合い高月が武者返し。
橋本がバックドロップ。だが高月もバックドロップで投げ返すと、バックドロップの掛け合いに。

橋本が延髄にラリアットを打ち込むと、高月がジャーマンで投げる。
橋本の延髄ラリアットで、高月が顔面を金具に強打。


10分経過。トップロープでのエルボー合戦から、橋本が雪崩式のブレーンバスター。カウント2。
さらに橋本はヘッドロックで捕獲すると、そのままキャンバスに叩きつけるがこれもカウント2。


高月がスリーパーでやり返し、ランニング式のPKを決めるが、両者ダウンでカバーに入れず。
立ち上がった高月に橋本が頭突き2連発。だが、高月も頭突きをやり返すと、
両者とも立ち上がれないまま、カウント10が数えられた。


橋本がなんとか王座防衛には成功した。



HEART ELEKING メニュー

シトルリンXLプレミアムでアソコをビンビンに




前田敦子 × 桐谷美玲

秋の新ドラマがどちらも低視聴率スタートとこきおろされた両者の対戦。



ゴング早々、スピーディーな攻防から桐谷美玲前田敦子を落とし、場外でチョップ合戦。
ステージ最上段から花道を走り込んでドロップキックを突き刺すと、ようやくガウンを脱ぎ捨てる。
前田がお返しとばかりに竹刀を振り下ろすと、一撃で竹刀が折れてしまう。

さらに前田はテーブルを持ち出し、桐谷を寝かせて鉄柱を上るが、
桐谷が起き上がってきたため、前田が一旦振り切ってから再度寝かせてテーブルクラッシュ。


桐谷ごと机を真っ二つに割り、リングに戻す。


5分経過。前田が串刺しエルボー、顔面キック、張り手連打。
だが桐谷も突進をかわしてリバースフェースバスターを繰り出すと、低空ドロップキック
水面蹴り、雪崩式フランケンシュタイナー、スワンダイブ式ミサイルキック。

前田がスイング式DDT、串刺しエルボー&ラリアット、垂直落下式ブレーンバスター。
カウント2。スライディングDはかわして桐谷がジャンピングエルボー、ジャーマン、
ドラゴンスープレックス。カウント2。

 
あまりよくなかった前評判を跳ね返すかのような激戦に、場内が沸く。

10分経過。桐谷のスターダストプレスは前田にかわされて自爆。
前田がジャーマン、エルボー、ラリアット。カウント2。


前田がスライディングラリアットを打ち込むと、エルボーパットをはずしてのスライディングD。
続けてバックドロップを決めて桐谷から勝利した。



HEART ELEKING メニュー

シトルリンXLプレミアムでモテない季節を吹き飛ばせ


柏木由紀(AKB48) × 川口春奈

総選挙以来、4ヶ月ぶりにPPVに登場の柏木由紀

開始早々川口春奈に張り手を見舞わせると、川口がヘッドバッドで返す。
柏木を倒した後、ヘッドシザースから場外へ出してプランチャ。

続けざまに川口はリングに戻ったフリをして、エプロンからトペスイシーダを放つ。
スピード感のある攻めに場内が沸きにわく。


リングに戻っても川口の猛攻は止まらない。
スイングDDT、串刺しエルボー、キック。


攻めまくられるも、柏木も張り手、ブレーンバスターで返し
ダイビングエルボードロップを決める。
フォールはカウント2で返される。


5分経過。今度は川口がキーロックで締め上げると、
柏木もインディアンデスロックから鎌固めへ。だが川口も再度キーロックで捕獲し
そのままローリングクレイドルのように回転していく。

柏木がロープにエスケープし、エルボースマッシュで反撃に出ると、
川口はロープを使った攻撃を狙うが、レフェリーに制止され不発。


10分経過。川口がワキ固めで捕獲。柏木もコブラツイストで締め上げ
川口がロープブレーク。そこへエルボースマッシュから再度コブラツイストを仕掛けるが
川口も足をかけてキーロックでお返し。

川口はようやくボディースラムを繰り出すと、起き上がってくる柏木にスピアー。
さらにもう一発狙うが、柏木が待ってましたとばかりに逆さ押さえ込みを狙う。

カウント2で返し、直後に川口も逆さ押さえ込みを狙うが
これを返され逆にタイツを引っ張られるように丸め込まれ3カウントを奪取される。


レフェリーの死角に入っていた為、その反則行為は気づかれず柏木が勝利した。


HEART ELEKING メニュー

シトルリンXLプレミアムでモテたい!




橋本奈々未 白石麻衣(乃木坂46) ×武井咲 剛力彩芽

先発の剛力彩芽は無謀にも白石麻衣に「かかってこいよ」と挑発。
白石をタックル合戦で倒したところ、すばやく武井咲の元に倒れ掛かってタッチ。


2人掛りで攻めていくオスカープロに対し、
白石は2人まとめてラリアットでなぎ倒す。

橋本奈々未は武井に何か能書きをたれてるところを
剛力に背後から襲われるが、何とか態勢を立て直して武井にセントーン。
乃木坂46の「制服のマネキン」のリズムで観客をあおって、コーナーからのダイブを試みる。

しかし相手チームに撃墜されてしまう。オスカーの2人が同時に橋本の手に噛み付き攻撃。
橋本も剛力に噛み付き返す。




5分経過。橋本が剛力にスピアーを突き刺し、武井にもニールキック。
白石が剛力に串刺しプレス、バンザイポーズからのボディープレス。
だが、武井がボディープレスをかわし、合体ドロップキックをヒット。


剛力がカバーに入るが、2で跳ね返される。
白石はすかさずエルボードロップを突き刺し、回転エビ固めをこらえると、
そのまま尻餅をついて押し潰す。


最後は必殺のローダウンで剛力からフォールを奪取した。


HEART ELEKING メニュー

シトルリンXLプレミアムでセッ○スに近づこう





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。