スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WWWE FLASHBACK 2014


4月20日開催 WWWE~若手女優.comのPPV


・WWWE王座戦

吉高由里子 × 本田翼 × 成海璃子

・若手女優世界王座戦

有村架純 × 仲里依紗


・次期WWWE王座挑戦者決定戦

黒木メイサ × 桐谷美玲

・シングルマッチ

川口春奈 × 川栄李奈

島崎遥香 × 武井咲

南沢奈央 × 瀧本美織

・IC王座戦

西野七瀬 × 桜庭ななみ





スポンサーサイト

吉高由里子 × 本田翼 × 成海璃子

・WWWE王座戦


WWWE王座の王者である吉高由里子
前王者である本田翼、そして成海璃子とトリプルスレッドマッチで激突。


ゴングが鳴ると同時に、ダブルラリアットで吉高を追い出す本田と成海。
今年2月に映画で共演しているだけに仲間意識が強い。


さらに本田と成海は「カモーン」と場外の吉高を挑発。
吉高がリングに戻ると、両者はストンピング。成海が吉高をコーナーにふると
本田が猛突進で吉高を狙うが、吉高がかわして、成海を低空ドロップキックで迎撃。

さらに成海のヒザを狙うかのようにアトミックドロップを決め、成海を場外へ。

本田に攻撃を仕掛けようとするが、背後からすぐ成海が蘇生して攻撃される。


さらに成海は吉高をボストンクラブで締め上げると、顔をゆがませながらも必死に耐える。


5分経過。吉高がエスケープし、成海が再びボストンクラブを狙うが回転して
吉高が回転エビ固めでフォール。しかし本田のカットでカウント2。
本田がストンピングの雨あられ攻撃。


本田と成海が吉高をロープに飛ばすが、
吉高が両者の攻撃をかわして成海をドラゴンスクリュー。

さらに本田にはフライングエルボー。本田を場外へ飛ばし、成海にエルボーを見舞わせ
フライングボディアタックを狙うが、成海がヒザ剣山でブロック。


スタンドでのエルボー合戦から吉高がヒザへのストンピングを連発。
さらにドラゴンスープレックス。だが場外から蘇生した本田がカット。

本田は下から腕をつかんで腕十字固めを仕掛けると、吉高は必死にこらえ、
そこから立ち上がっていき、ようやくロープエスケープ。


10分経過。成海が狙いすましたフライングエルボーを狙うが、
吉高を後から羽交い絞めにしていた本田に誤爆。


このスキに成海をスクールボーイで吉高が丸め込んで3カウント。


吉高がトリプルスレッドマッチを制した。


WWWE FLASHBACK 2014 トップページ



有村架純 × 仲里依紗

・若手女優世界王座戦


若手女優世界王座の王者である有村架純
今クール月9に登場の仲里依紗と対戦。

ロックアップから有村がロープに押し込んでブレークすると、観客は両者に大声援。
腕の取り合いからグラウンドになりブレーク。有村がヘッドロックを仕掛けると、
仲が髪をつかんだため場内からはブーイング。

さらに仲はエアギターばりのアクションを見せ、観客に見せ付ける。

5分経過。仲が有村の左ヒザにエルボーを落とし、低空ドロップキックを狙うも不発。
有村がエルボーを打ち込むと、仲は鉄柱を使ったヒザ攻め。

有村が仲を鉄柵に打ち付けるも、キックをかわされて鉄柵に誤爆してしまう。
なおも仲は鉄柵の扉を使ってヒザ攻めを仕掛けると、
リングに戻して左ヒザにストンピングを連発し、エルボードロップ、ニークラッシャー。



10分経過。有村はエルボーで反撃に出るも、仲がドラゴンスクリュー。
さらにヒザへの攻撃。有村は怒りの表情でエルボーを打ち込むが、
仲が打ち返してダウンさせる。

有村はカウンターのヒザ蹴りで反撃すると、ジャンピングフロントキック、
ミドルキックからコーナーに載せてヒザ蹴りを連発で打ち込むと、
仲が蹴り足をつかんでドラゴンスクリュー2発。


だが仲の攻撃をかわし、テキサスクローバーホールドを狙うも抵抗されて不発。
仲はストンピングを打ち込むと、今度は固定式のドラゴンスクリュー。


15分経過。仲がヒザを狙ったボディアタック。さらに場外めがけてボディアタックで飛び込むと
有村は場外カウント19でリングイン。すると仲がすかさずヒザへのストンピング。


有村はバッククラッカーを繰り出すが、痛みからすぐに次の攻撃には行けず。
仲がヒザへのタックルを突き刺し、ダルマ式ジャーマンからフルネルソンを狙うも、
有村がナックルで振りきって、至近距離からのスパインバスター。カウント2。


最後はAKO(飛びついて、片腕で相手の首をホールドする
ジャンピング式のダイヤモンド・カッター)で有村架純が勝利した。



WWWE FLASHBACK 2014 トップページ


黒木メイサ × 桐谷美玲

先月のPPVで堀北真希のWWWE FESでの10連勝を見事阻止した
黒木メイサが2ヶ月連続で同じ事務所の女優と対決。


今回は桐谷美玲と対戦。



タックル合戦から黒木がダウンを奪うと、桐谷がドロップキック。
エルボーの打ち合いから黒木がグーパンチ&逆水平チョップ。

桐谷が頭突き、エルボー。だが黒木も頭突きで吹っ飛ばすと、ストンピング、
ブレーンバスター、逆水平チョップ、頭突き。

桐谷もキック、リバースフェースバスターで反撃するとドロップキック、
エルボードロップ。対して黒木がカウンターのパワースラム。


5分経過。黒木がターンバックルに追いやりラリアット。
桐谷が後頭部に低空ドロップキック、ドロップキック、スイングDDT、
雪崩式フランケンシュタイナーと畳み込むもカウント2。


桐谷が延髄斬り。だが黒木もカウンターのラリアットを打ち込むと、
コーナーに載せて雪崩式の滞空式ブレーンバスター。カウント2。

エルボー合戦から桐谷が裏投げを狙うも、黒木がDDTで切り返す。



10分経過。黒木がラリアット、掌底。カウント2。
垂直落下式ブレーンバスターは桐谷がヒザでブロック。

黒木のジャーマンを食らった直後に、桐谷も裏投げで投げる。


エルボー合戦から黒木がワンツーエルボー、桐谷がジャンピングエルボーから
勢いよくジャーマンスープレックスでマットに突き刺すと、さらにグロリア、
スターダストプレスで勝負をかけるが、かわされて自爆。


エルボーとチョップの打ち合いから、桐谷がエルボーを連打すると、
黒木も逆水平チョップ、バックドロップから延髄にラリアット。



だが桐谷もプルマブランカで捕獲。黒木は跳ね上がるようにしてエスケープ。



15分経過。桐谷が後頭部へのミサイルキック、延髄斬り。カウント1。
桐谷の頭突きに黒木も延髄斬りで応戦。張り手の応酬から桐谷が振り抜くと
黒木も強烈なトラースキックでお返し。


桐谷のあびせ蹴りに黒木がスライディングラリアット。
さらに、垂直落下式ブレーンバスターを狙う。


ここで会場の明かりが暗くなり、「ゴーン」という鐘が鳴り響く。

黒木は一瞬「堀北が登場するのか?」といった不安げにも
恐怖にたじろくともいえる表情を見せ動きが止まった。

しかし照明で再び元通りに明るくなった瞬間
桐谷が助走をつけて、背後から黒木をフェイスバスター。


さらにはサンセットフリップを決め、
最後は桐谷がスターダストプレスで先輩から勝利し
次期WWWE王座挑戦権を手に入れた。


WWWE FLASHBACK 2014 トップページ



川口春奈 × 川栄李奈

AKB48から売り出し中の川栄李奈川口春奈と対戦。



川栄はゴングを待たずに奇襲攻撃。川栄はモンゴリアンチョップを連発するが、
川口も川栄の胸板にチョップでお返し。何とか踏み止まるが、
川口のドンと音がする程のチョップを食らってたまらずダウン。



するとセコンドの入山杏奈が場外から川口の足を引っ張り、
客席へ連れ出してイス攻撃。リングに戻されたところへ川栄がストンピングを連発。



入山もストンピングで続くと、タッチロープを使ったチョーク攻撃。
さらに剥き出しの金具に川栄が背中からぶつかってしまうと、
川口が入山にエルボー、川栄にラリアットで倒す。



5分経過。川口はトップロープに立ち上がり、雄叫びを上げてからドロップキック。
さらに高速チョップ連打からエルボー。さらにローリングエルボーを打ち込むが、
川栄も髪の毛をつかんで倒す。川栄がラリアット、カーフブランディング。

フォールするがカウント2で返される。


川口は川栄と入山のトレイン攻撃の標的となりながらも、
川栄のバックドロップをカウント2で返すと、DDTで反撃。



川栄にブレーンバスターを決めると、入山を場外にふっ飛ばし
最後はダイビングヘッドバットからのスピアーで川栄から勝利。



WWWE FLASHBACK 2014 トップページ



島崎遥香 × 武井咲


AKB48のぱるること島崎遥香と対戦するのは
3月のPPVで敗れた剛力彩芽の仇に名乗り出た武井咲


武井は気迫あふれる表情でショルダータックル。ストンピングを見舞わせるも、
島崎も低空ドロップキック。先月の勝利からぱるるは落ち着きを見せてきた。

たが武井もミサイルキック、レッグロックと反撃。
ロープエスケープすれば、武井も切り替えクロスヒールホールド。



5分経過。武井は次々と攻撃を繰り出し、ボディースラムを敢行。
さらにはサイドスープレックス、アバランシュホールド、逆エビ固めで苦しめる。


苦悶の表情をさらけ出す島崎。
ロープエスケープ後、ドロップキックを見舞うも
島崎がダブルのハンドスプリングエルボーでお返し。


武井もドロップキックでやり返すが、島崎が延髄切り。


10分経過。島崎がスリーパーを狙うがこれは切り返され
武井がスリーパーで締め上げる。

逆さ落としのような体勢から投げ、なおもスリーパーで締め上げる。


攻め込まれる島崎だったが、なんとかロープエスケープ。


フィニッシュを決めようとする武井の攻撃をかわし、
島崎が全身を浴びせるラリアット。


フラフラになりながら、次にこじはる直伝のコジコジカッターを仕掛ける。
ダメージが大きくこれはカバーにいけない。


15分経過し、ここは再度全身を浴びせるラリアットを決め
なんとかフォールにいき、3カウント。

島崎遥香が2014年に入ってからPPV2連勝を飾った。


WWWE FLASHBACK 2014 トップページ




南沢奈央 × 瀧本美織




瀧本美織南沢奈央のそっくりさん対決が実現。

腕の取り合いから瀧本がアームブリーカー。ハイスピードでの攻防から、
瀧本が握手を求めると見せかけてキック。南沢も「うぜぇ」と叫びながら
打点の高いドロップキックを放つと、スワンダイブ式の攻撃で先制。


リングに戻ると、瀧本が南沢の顔面をマットに叩きつける。


5分経過。南沢が瀧本にパワースラム。瀧本がカウンターのヒザ蹴り。
場外戦になると瀧本が鉄柵攻撃。再度リングに戻して瀧本がスリーパー。

ロープエスケープすると南沢にハイキック。
たが南沢も反撃し、飛びつき式フランケンシュタイナーを決める。

その後、瀧本にスライディングキックを打ち込み、逆にコーナーに振ると
かわされ、瀧本が背後から飛び込んできてミサイルキック。


南沢もソバット、ムーンサルトプレスで反撃。
エルボーの打ち合いから瀧本がトラースキック。


10分経過。瀧本がコーナーに上がったところを追いつき、
飛びつき式の雪崩式フランケンシュタイナー。カウント2。


バックの取り合いでレフェリーが巻き込まれて不在となるが
瀧本が南沢をつかまえて、パイルドライバーを炸裂。

瀧本はサブレフェリーが数えるカウント9で何とか立ち上がるも、
そこへ瀧本が助走をつけたジャンピングニー→スープレックスとつなぐ。

南沢はカウント2.5で返す。


だが南沢も瀧本の攻撃をかわし、豪快なラリアットからジャンピングパワーボム。
カウント2で返されると、初トライのフェニックススプラッシュで急降下。


ついに3カウントが決まって南沢奈央の勝利。



WWWE FLASHBACK 2014 トップページ



西野七瀬 × 桜庭ななみ

・IC王座戦


IC王座の王者である乃木坂46のセンター、西野七瀬
スウィートパワー所属の桜庭ななみの挑戦を受ける。


ゴングと同時に激しいエルボー合戦を展開。西野がアームホイップ、ストンピング。
桜庭が蘇生するが、セコンドにいた乃木坂46の橋本が足をつかんで攻撃。


しかし桜庭がこれをかわして、セコンドの橋本にスライディングキック。
さらには西野を場外へ放り出し、すかさず2人まとめてプランチャで飛び込む。


リングに戻ると、桜庭が逆水平チョップ、ダイビングフットスタンプ、ストンピング。
さらにロープを使って首を締め上げると、再び橋本が介入するが桜庭がエルボー。


5分経過。桜庭がドロップキック、グラウンドコブラ、逆水平チョップ。
対する西野もドロップキックで場外へ落とし、両手を広げて場外へ飛ぼうとするも、
ここは桜庭がうまく回避。しかし攻撃してきた桜庭にサミング。

再度ノータッチトペで今度は桜庭に突進する。


リングに戻ると、両者エルボー合戦。西野がスリーアミーゴスを繰り出すと
桜庭がオーバーヘッドキック、ラリアット。下からキックで蹴り上げ、
顔面へミサイルキック。カウント2で西野が返す。


西野もラマヒストラルを仕掛けると、桜庭が串刺しドロップキック、
ダイビングフットスタンプ。かわされて不発。

西野がミサイルキックを打ち込み、スパインバスターを狙うも
抵抗されたためジャーマンで投げてからタイガースープレックス。

カウント2で桜庭返す。桜庭のリバースパワースラムはカウント2。


10分経過。桜庭がダイビングフットスタンプとたたみかけるも、カウント2。
すると桜庭がバックドロップを狙おうとするが、西野が切り返し、延期斬り2連発。


すると西野はリバースDDT、最後はキルスイッチとたたみかけて3カウントを奪った。


WWWE FLASHBACK 2014 トップページ


WWWE FES 2014


3月30日開催 WWWE~若手女優.comのPPV



・若手女優世界王座戦

戸田恵梨香 × 有村架純

・ルーザーリーブマッチ

小嶋陽菜 × 新垣結衣

・シングルマッチ

堀北真希 × 黒木メイサ

大島優子 × 山本彩


・WWWE王座戦

本田翼 × 吉高由里子

・IC王座戦

渡辺麻友 × 西野七瀬

・US王座戦

吉田朱里 × 三吉彩花

・WWWEタッグ王座戦

白石麻衣・橋本奈々未 × 桐谷美玲・桜庭ななみ

・ダークマッチ

島崎遥香 × 剛力彩芽




戸田恵梨香 × 有村架純

・若手女優世界王座戦


若手女優世界王座の王者である戸田恵梨香
1月のバトルロイヤルに優勝した同じ事務所の有村架純と対戦。

戸田が先にエルボーで倒すも、有村も即座にドロップキックで倒す。
だが戸田はなおも有村にエルボーで向かっていく。

そこを有村は戸田の足をとらえてテキサスクローバーのような体勢へ。
グラウンドの攻防へ切り替わる。


5分経過。有村が戸田に串刺しエルボー、場外へ追いやりトペアトミコ。
しかしこれを戸田がかわして、有村をリングへ戻す。


戸田がエルボーで有村を吹っ飛ばし、コーナーに投げ捨てる。
さらには立たせて逆水平チョップを連発。


続けてナックル、ヘッドロック、マンハッタンドロップ。
有村もファルコンアローでやり返し、ミサイルキックで飛び込むと
その場飛びのシューティングスタープレスにトライ。


しかしかわされ、戸田がジャーマン。
だが有村もリバースネックブリーカードロップ、ボディースラム、
ダイビングエルボードロップ。カウント2で戸田が返す。


10分経過。戸田が有村の攻撃をかわしてハイキック。
だが有村もすぐにドロップキックを繰り出す。

有村も戸田のラリアットをかわしてオーバーヘッドキック。
続けて後頭部に低空ドロップキック。


戸田が有村にエルボーでやり返すと、エルボー合戦から張り手、
スイングDDTからジャンピングDDTでダウンを奪う。


15分経過。有村が反撃して、コーナーにのぼるも
ドロップキックで蹴り落とされて転落。


戸田が今度は有村を上げ雪崩式ブレーンバスター。カウント2。
有村はラリアットをかわすと、ジャンピングエルボー、
雪崩式フランケンシュタイナーでお返し。


さらにお株を奪うEKO(RKO)、ラリアットで戸田を1回転させフォール。
戸田はカウント2.8で跳ね返すと、高角度のジャーマンを決める。


有村をフォールするがこちらも2.8で返される。
本家のEKOを戸田が決めようとするも、直前で押され回避。


有村はすぐにデーモンボムで叩き付け
なんとかカウント3を奪取。


有村架純が初の若手女優世界王座を獲得した。



WWWE FES 2014 トップページ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。