スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生田絵梨花 × 矢倉楓子


・US王座戦


US王座の王者である乃木坂46の生田絵梨花
NMB48の矢倉楓子の挑戦を受ける。


矢倉は生田の手首を固めると、続いて左足首をロック。
さらにヘッドロックで捕獲すると、脳天にナックルを連発。


生田もヒップトス、ドロップキックで反撃に出ると、
エルボーの打ち合いから矢倉がローキック、逆水平チョップ、張り手。


生田も必死にエルボーを打ち返し、ロープに振ってカウンターのドロップキック。
ボディースラムは体勢が崩れるが、それでもなおエルボーで食い下がると、
今度はしっかりとボディースラムで投げ切ると、さらにミサイルキック。



エルボーの打ち合いから矢倉がナックル。


5分経過。矢倉がバックドロップ2連発。カウント2

ここで生田が連続で丸め込みを仕掛けるもカウント2。


フィニッシュを決めさせぬといわんばかりに
矢倉が逆片エビ固めでとらえると、生田はロープに手を伸ばそうとするが
矢倉はならばともう片方の足もつかんで、変形高角度逆エビ固めで締め上げ
ギブアップを奪い取った。



SUPERSTAR OF THE YEAR 2014


スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://wwe2006.blog31.fc2.com/tb.php/685-628d7653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。