スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


有村架純 × 白石麻衣

・SUPERSTAR OF THE YEAR 2014 決勝戦

1回戦で現王者が敗れる波乱の中、有村架純
乃木坂46の白石麻衣が決勝戦進出を果たした。

勝者は同団体の今年のMVPとなる。


有村が左腕を捻り上げると、白石もヘッドロック、タックルからボディースラム、
ドロップキック。これは有村にかわされる。逆に白石がドロップキックで
場外へ落としてスライディングキック、ミサイルキック。

しかし有村がコーナーに上がった隙に、白石はゴロゴロと転がって逃げる。
場内からは「まいやん」コール。有村がストンピング。


5分経過。すでにぐったりとした白石に有村がスリーパーホールド、顔面踏み付け。
レフェリーが白石にゲキを飛ばす。エルボーとナックルの打ち合いから
白石が脳天唐竹割り。だが、ドロップキックはかわされて不発。


ならばと白石がバックドロップ2連発。有村もヘッドロックでとらえ、
チョップで倒すと場外へ。白石はエプロンに立った有村をドロップキックで吹っ飛ばすと
リングに戻してボディースラム。



10分経過。白石がドロップキック、バックドロップ。
再度つかまえてローダウンを決めると有村はカウント3寸前で跳ね返す。


有村は次の攻撃を着地して切り返し、胴絞めスリーパー、スリーパーホールド。
白石は有村に体を浴びせてカバー。カウント2。


15分経過。有村は腕を固めにいくと、白石はローダウンを狙うが不発。
有村がスリーパーホールドで固め、ロープに伸ばそうとした腕をクラッチして
締め上げるコブラクラッチ式スリーパーを決め
ロープエスケープ後、フラついた所にスパインバスターを決め勝利。



有村架純が見事2014年のMVPとなった。


SUPERSTAR OF THE YEAR 2014




スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://wwe2006.blog31.fc2.com/tb.php/688-5bf504ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。